カウンター 読書日記 ●なぜ今、この時期なのか?
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●なぜ今、この時期なのか?
                  検察と正義


 ●なぜ今、この時期なのか? 
 
 「エース」などという呼称自体がふざけているのだが、まあいい。

 その「洩巣」・前田事件=証拠改ざん・隠蔽=は、やはり前田個人の「暴走」

ではなかった。

 いままで半年以上も「隠」されていたのだが、

 その半年は、今後の日本の進路・戦略を決める重要な時期だった。

 ************

 前田の手がけた事案はほかにも朝鮮総連本部詐欺事件や小沢一郎秘書の事件などがあり、それらの事件でも、以前から、恫喝-証拠改ざん-真実の隠蔽の疑いが語られてきた。

 もし、小沢一郎秘書の事件が<前田=検察>のでっち上げだとしたら、
 (その可能性は大だ!)、

 その後の一連の、小沢一郎の「政治とカネ」の国策捜査はあり得なかったし、

 「小沢叩き」を仕組んだ連中も別の戦術を構えなければならなかっただろう。

 検察審査会も不要だった。

 *************

 最高検の「素早い対応」・検証も、この半年以上に及ぶ「隠蔽」という事実を前にすると、

 かすんでしまうが、ここは検察崩壊⇒再建の奇跡を信じてみようか?

 ただし、期限つきで。
 

  


 

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/803-3750d212



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。