カウンター 読書日記 ●私の闇の奥
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●私の闇の奥
 ●紹介中の『アメリカン・ドリームという悪夢』の著者藤永茂氏のウエブサイト⇒【私の闇の奥】の紹介です。
 
 2010/09/22
 ★クリントンとアメリカの罪は重い

 2010年8月26日、フランスの有力紙ル・モンドが、コンゴについての極めて重要な国連報告書の草稿(ほぼ決定稿と思われる)を入手したことを報じました。545頁におよぶ報告書には、1993年から2003年までの10年間にコンゴ民主共和国で行なわれた600件の深刻な虐殺事件についての調査結果が記述されています。漏洩した国連報告書はネット上で入手可能です。
 この国連報告書の大変なところは、1994年のルワンダ・ジェノサイドを見事に終結させた正義の英雄ポール・カガメが、実は彼自身がルワンダとコンゴでジェノサイドを執行した人物であったことを指摘しているからです。これまで世界が信じていたルワンダ・ジェノサイド神話のどんでん返しです。・・・

 ************* 



 国の内外を問わず、権力・支配者の情報操作の凄まじさには驚くばかり。

 確かな事実・情報を積み上げていく以外にこの情報操作攻勢を破る方途はないのだろう。

 早急な判断は、しばしば判断停止に通じると自戒しています。

 
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/802-b5f5eebf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。