カウンター 読書日記 ●山崎淑子さんインタビュー(17)
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●山崎淑子さんインタビュー(17)
 ●山崎淑子さんインタビュー(17) 

 拘留・収監という名の「拉致」の期間は2年にも及ぶもので、その精神的苦痛は言語を絶するもので、解放後もサラさんは、様々な肉体的および精神的後遺症に苦しめられることとなる。 

 
 ニューヨーク拘置所での1年間の「未決拘留」により、心神こう弱状態に追い込まれたサラさんは、2006年5月19日、心ならずも「有罪」を認めてしまう。

 2006年7月19日、「司法取引」により、実刑2年の判決を受けて、コネチカット州ダンベリにある女子刑務所に収監されるが、模範囚ということで刑期を3ヶ月短縮され、やっと釈放された。

 
 *************

 しかし、「出た途端に移民局の護送車が待っていて、今度はコネチカット州の州刑務所(*移民収容所)に入れられて、『移民としてグリーンカード(永住権)を持っていたけれど、罪を犯したのでグリーンカードを放棄するか、移民法裁判を長年闘うか、どっちかだ』と言われた。

 サラさんは、永住権は不可欠のものなので、はじめは「闘う!」と言ったが、そしたら今度はヨーク移民収容所に、その日(3月26日)のうちに拘留された。 

 拘留中、サラさんはコネチカット州の移民裁判所へ何度も出向き、必死に「手続き」を取ろうとするが、何せ外部との連絡はまったく取れない状態では「手続き」の書類の書き方すら分からず、途方に暮れる日々だった。

 そのうち、持病の喘息の発作もひどくなり呼吸困難に陥ったし、発作時の咳のせいで同房の拘留者の睡眠も妨げたりもしたので、決意して「私は日本人で、これは人権問題なので、ワシントンの日本大使館へ電話したい」と訴えて、電話出来る事となった。

 これが、2007年4月30日のことだという。

 **************

 大使館へ電話すると、領事部にまわされたので、サラさんは、この間の事情を話して、救援を依頼した。

 ところが、「はじめに電話に出た
【タニモト】さんは、色んな理由をつけて、氷のように冷たい声で、何を言っても【禅問答】だった」・・・

 こののままでは、「死ぬ」かもしれないと思うサラさんは、「島津 痛まず ●○目薬」と歌われた「毒にはなるが薬にはならぬ」外務役人そのもののような【タニモト】相手でも怯むことなく話を続けた。

 「とにかく、医療行為だけでも刑務所にさせてください!」と。

 「・・・私(サラ)は、もとの駐米大使の○○さんと知己もあります。その人は二度目の【ワタリ(渡り・天下り)】で天下ってここに居られるはずです。・・・で、家の近くで犬の散歩をしていたショコラちゃんのお母さんの【オワダ・ユミコ】さんを個人的によく存じ上げています。オワダさんのお母さんに連絡とるには、ここに連絡してください。・・・お父さんは、今ハーグ(オランダ)の国際司法裁判所に居るので外務省を通して救済を求めて下さい。

 彼らだったら、どういう外交手段をとったら無実の人を救えるか、少なくとも知っているし、きっと動いてくれるし、私が誰か(どういう人物か)を知ってます。この元大使二人に連絡を取ってくれないなら、今の現役大使とは面識はないけれども、その方に今つないでくれなかったら、私は『タニモトさんが仕事をしてくれなかったから、私は死んだ、という手紙を今日本へ投函しますよ』って、初めて脅したんです。

 それほど、切迫していたし、もうそれ以上しゃべれなかったので、言い切ろうと思って・・・

 そしたら、【タニモト】さんは、


 『分かりました。何かをしましょう。』
と言って電話を切ったので、<何かをしましょう>って・・・日本の役人が<善処しましょう>と言ったときには、きっと何もしないから、【もう私は死ぬんだ】と思ったんです。・・・」 
 
 ●山崎淑子さんインタビュー(17)     <了>。 

 

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/792-69b8b14e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。