カウンター 読書日記 ●井上ひさしさんの遺作。
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●井上ひさしさんの遺作。
                     一週間 井上ひさし_1


 
 9月の足音も聞こえてこようというのに、日中は一向に涼しくなる気配がない。

 しかし今の時間になると虫の音を、例年よりは少ないが、耳にできる。

 「もう、読んだ?」・・・

 というメールが【イワン・ひげ伸びッチ・日和見(ヒヨリ)ミーノフ】からきたのが、一昨日。

 さっそく手に入れて読み始めたが、昼間の暑さでダウン、目覚めたのがつい先程で、

 いま 「月曜日」の中ほど(140ページ)だが、
 面白い!

 井上ひさし氏が『小説新潮』に6年にわたって連載。

 連載終了後、単行本化のための加筆・訂正の予定も、井上氏の急逝のためになされなかったという一冊。

 昭和21年、捕虜となりハバロフスク収容所に収監された、兵士・小松修吉をめぐる一週間の物語。

 明日の日曜には追いつけるはずなので?・・・詳しくはその後で。

 

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/777-b1701989



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。