カウンター 読書日記 *陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記
  3・18に以下のように記した。

  ・・・*以前から捜していた、落合莞爾氏の『天才画家「佐伯祐三」真贋事件の真実』。
 
  先日、偶然に横浜の古書店のHPで見つけて、早速注文。
 一昨日無事に、落手した。

 好機到来。

 しばらく途切れていた落合氏の『ニューリ-ダー』誌での連載=「日本近代史の真相 」ー陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記」も再開した。

 ここ当分の間、のめり込むことにする。・・・
 

  <メモ>として、『ニューリーダー』誌の落合論文の要点を、2007年1月号から順次記して

 いくことにする。

 例によって不定期になるだろうが、それもご愛嬌。

 **********************

 直近は、「自殺」?した野沢尚氏の気になる遺作群を、読んでもいる。

 『烈火の月』・『魔笛』・『深紅』の順に始めた。

 文庫版『烈火の月』の巻末で野沢由紀子氏も記していることを、念頭におきながら、<偏った読み>をしている。・・・

 「・・人はどんなに辛い人生でも頑張って自分の人生を生きないといけないと思います。いつもそう言っていた野沢自身の行動(自死)はいまだに信じられません。」 


 野沢作品を読みながら、思いを馳せる。

 渡辺智津夫=麻原彰晃は、「廃人」のまま消えていくのだろうか? 


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/77-e0fcd205



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。