カウンター 読書日記 ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(35)
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(35)
 ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(35)
 -周恩来と東亜近代史の理解に不可欠な怪人「呉達閣」     ◆落合莞爾


 ★周蔵の祖母ギンヅル上京 薩摩閥や大本と繋がる女傑


  新中国の国家指導者として今も国民に尊敬され、日本人の間にも好感を以て迎えられる周恩来が大正年間に日本に留学した際、京都の学生下宿で吉薗周蔵と知り合ったことは、既に何度か述べた。周恩来の日本留学に尽力したのは、天津南開中学の同級生・呉達閣であるが、この人物の一端が明らかになり、二十世紀の東洋史を根底から見直す重大事である事が分かった。以下では、今までに把握したことを述べていきたい。

 「周蔵手記」に周恩来の名は、私(落合)が見た限り二回だけ出てくる。「別紙記載」大正六年「九月ニナルト早ク、婆サンガ上京、出テ来ル」で始まる条である。祖母ギンヅルが日高尚剛と連れ立って日向から上京してきた目的は、「高島サンニ関フル事モアルヤフダシ、(上原)閣下ニ用モアルノデアラフ」と周蔵は推察した。高島とは前年一月に他界した子爵・高島鞆之助のことである。日清戦争の前後に二度陸相に就き大勝利をもたらした高島の功績は歴史の彼方に消えたが、台湾副総督として台湾を平定し戦争の仕上げをした偉功は当時から国民に伝わらず、まして初代拓殖務大臣として台湾経営の根本策を定めた事績は、児玉源太郎・後藤新平に仮託されて史家を騙し、史家はそれを受け売りして民衆を惑わしてきた。明治三十一年に陸相を辞して以来十八年、枢密顧問官の閑職で世間を韜晦していた高島の裏面は、在英ワンワールドの要請に応じ、樟脳・砂糖の台湾産品と阿片・煙草の台湾需要品に関する基本政策を取り仕切っていたのである。

 ギンヅル・日高の薩摩コンビは幕末以来、芥子・人胆製剤「浅山丸」の製造に専心していたが、明治二十四年逝去した吉井友実の後を襲って薩摩ワンワールド(在英ワンワールドの薩摩支部)のグランドマスター(総長)に就いた高島の指令下にあって、鈴木商店や東亜煙草などを間接支配していたのである。大正五年一月に高島が逝去し、吉井の次男で高島の養嗣子の陸軍少将高島友武が子爵の家督を継ぐが、薩摩ワンワールド総長の後継は、ギンヅルの甥で男爵陸軍大将の上原勇作と決まっていた。大正六年九月、ギンヅルが日高尚剛を従えて上京した目的は、高島・上原に関係したものと周蔵は察したのである。

 ギンヅルのもう一つの目的は、京都の渡辺ウメノから至急の相談事があったので、周蔵を同道させることにあった。周蔵は上原勇作の命令で熊本医専薬事部に入り、芥子栽培を研究していたが、大正三年にギンヅルから、「芥子に関わる古書を買ってこい」と言われて、ウメノを訪ねた。御霊前に住む町医師・渡辺家の娘ウメノは、ギンヅルの旦那正三位・堤哲長の旧妾であった。母が丹波穴太、上田家の出で出口鬼三郎の祖父・上田吉松のいとこに当たるウメノは、哲長の許を去った後にその妾になった。ウメノから民間医術の伝授を受けた哲長がモグリ医者として幕末を生き抜き、それを見習ったギンヅルが浅山丸で巨利を博した。ウメノの医学知識は、生家の渡辺医師というより、母の実家・上田家に伝わったアヤタチ医学であった。哲長より七、八歳の年長と周蔵が推定しているウメノは、遅くとも文政三年(一八二〇)の生れで、大正三年には九十四歳を超えていた。
 折しも皇道大本は興隆期で、開教者の一人のウメノは綾部に移り出口邸に寄留していた。綾部を訪れた周蔵は、出口鬼三郎にも出会い、下北の小目名に潜んでいる実父・上田吉松の様子を聞かれた。ギンヅルは、哲長の新旧妾の誼みで仲の良いウメノに、哲長の孫の周蔵を引き合わせ、さらには出口鬼三郎にも紹介する目的で、芥子関係古書の受領を□実に周蔵を綾部に派遣したものと推察される。前置きが長いので、周恩来と何の関係があるのか、との怪訝顔が目に浮かぶが、実は大有りなのである。近来、極秘史実を最近認識し、これに基づき従来の歴史解釈を一層深化させることが出来たので、以下にそれを説明する。

 ★公家堤哲長の孫同士 渡辺政雄の面倒を見る


 大正六年十月十日昼過ぎに京都駅に着いたギンヅルと周蔵は、早速綾部を訪ねたが、ウメノは修学院に引っ越したとのことで、そこへ回った。三年の間に老いさらばえて衰弱したウメノは、医専に在学中の孫の政雄が八月に休暇で帰って来たところ、肺を病んでいた。老齢で面倒を見ることが無理な自分に代わって宜しく頼む、とのギンヅルに対する依頼であった。「医大をやっと畢る処にきて、こげんかことになって」と、薩摩弁を使って泣かんばかりに言う。京都で生まれ育ったウメノが、ギンヅル・周蔵を相手と観るや薩摩弁を使う。ここに尋常ならざる丹波衆の断面が露われているので、史家はいかなる場合でも、かかる一次的情報を決して見逃すべきではない。御高承の通り、理論物理学の方法論を用いる洞察史学の落合流を、俗徒は常に「裏付けを欠く荒唐無稽」と謗るが、眼前の事実を察するを得ざるに、そも裏付けを奈何せん。裏付けを求むる前に、かかる些事の所以をまず考究すべきである。

 ウメノの書簡であらかた用件を察して周蔵を帯同してきたギンヅルから、「何とかなるか?」と聞かれた周蔵は、「結核は自分が親炙する牧野三尹先生の専門である」を以て答えとなし、修学院を辞して政雄の下宿を訪ねる。肺結核の理由を、政雄は「医専ヲ北ニシタタメニ、風邪ヲヒクコト多ク」と説明した。医専の名前は、周蔵遺族から「ナベさんは盛岡で、医専創立者の三田家の女性と親しくなった」と聞いていたので、うっかり「盛岡医専」と書いてしまったが、今回調べたらそんな医専はなかった。

 盛岡には、地元富豪の弟・三田俊次郎が県立岩手病院を収得し、これを実習場として明治三十年に設立した私立岩手医学校があったが、明治四十五年の医育改革により廃校した後、昭和三年になって三田俊次郎が岩手医専として再開する。その間の大正六年頃には影も形もなかったから、政雄が通った「北の医専」はここではない。尤も、岩手医学校の創立者は三田氏であるから、全くの誤伝ではない。おそらく、京都の医師渡辺家は盛岡の三田氏と繋がりがあり、政雄は岩手医学校に入る予定だった。ところが明治四十五年に岩手医学校が閉校となり、東北帝大医学専門部(仙台医専)に大学した。当時医専は帝国大学に付属していたから、北の医専ならそこしかない。医専の修学期間は四年だから、おそらく大学は大正二年で、仙台医専時代に政雄は三田氏の女性と同棲したのである、仙台医専は東北帝大医学部創設に伴い、大正四年を以て生徒募集を廃し、七年の卒業者が最終となる。政雄は六年に仙台医専を卒業して京都に帰ったが、御霊前の家は既に処分していたので、下宿を探したのである。ウメノは公家・堤哲長の娘を生んだが、その(娘の)子が政雄だといい、「畑違いだが哲長さんの孫同士で、従兄弟であるから仲良くしてやってくれ」と言われた周蔵は、血が同じであれば親しめるものでもないと思ったが、温和な政雄に好感を抱いた。しかし政雄にはしたたかな面も窺えた。ウメノは「まだ医師に成れていない」と謂う政雄は、実際には医師免許を取得していて(?)、専門は外科だと云う。医専を卒業すれば無試験で医師免許が得られたのである。しかし、大本教に巻き込まれたくないから医師免許を隠したと聞き、政雄を理解した周蔵は、政雄を預って東京で面倒を見ようと思った。

  続く。

 
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/710-ca80ca64



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。