カウンター 読書日記 ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(31)ー2
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(31)ー2
 ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(31)
 

 ★蒙古挙兵「タイシャボー事件」の背景を探る
 
 北京では、参謀本部が派遣した松井清助大尉と木村直人大尉が、蒙古独立工作を画策していた。粛親王の義弟・カラチン王やパリン王、ヒント王などの蒙古王族を主体にして蒙古軍を結成し、曰本から運んだ武器で蜂起させ、各王の領地を革命政府から独立させ新政権を立てる計画である。曰本で武器を調達する役目を貴志と多賀が担い、松井が武器の秘密輸送計画を練ったが、曰本人馬賊・薄天鬼(益三)もこれに加わった。四十五年五月二十五曰に武器輸送を開始し、支那荷馬車四十七台からなる輸送隊が、松井大尉の指揮下で薄天鬼に護衛されて公主嶺を出る。多賀少佐も追って公主嶺を出発、途中奉天に立ち寄り、高山大佐と貴志中佐に会って画策した。

 しかしながら、松井らの軍事行動は早くも民国官憲の注意を引き、東三省総督・趙爾巽の知るところとなった。趙総督から武力阻止の命令を受けた鄭家屯の歩兵統領・呉俊陞と蒙古独立軍はタイシャポーで衝突、激戦となるが、奮闘空しく松井たちは民国官兵に捕縛される。都築前掲は「貴志と高山が時計その他貴重な持ち物を売り払って阿片を仕入れ、この阿片を賄賂にして、ようやく薄天鬼たち捕虜を救出することができた」という。銃殺寸前、九死に一生を得た松井らは六月二十六日に生還し、その後も独立工作を続けたが、九月二十八日になり、参謀本部次長・福島安正中将から突然中止の命令が下り、奉天特務機関長・高山大佐は同日付で守田大佐に更迭された。

 右が第一次満蒙独立運勤(タイシャポー事件)のあらましであるが、陸軍中央が突然中止命令を出した背景について、巷間に二説ある。その一は、英国が漢・満・蒙の一体国家を望んでいたから、満蒙独立を妨げるべく日本陸軍を誘導したとするものである。その二は、陸軍中央が孫文の革命政府を支持していたから、との理由を挙げる。辛亥革命の根底が在英ワンワールドの戦略ならば、両説は一致する。蓋し、辛亥革命の目的はプロパーチャイナ(中華本土)における漢族主体の独立国家樹立にあるから、北洋軍閥と南方革命党の融和は、東亜の安定を望む海洋勢力にとっても望ましい。しかしながら、元来中華本土に含まれない満蒙の地の独立は、漢族の自立にはむしろ資するものと思うが、如何であろうか。


 ★確執深める張作霖と袁世凱 「宗社党事件」に至る顛末


 革命後、旧清国領土は中華民国の表看板をよそに、事実上の群雄割拠に至ったが、大別すれば概ね三つの勢力があった。華北が北洋軍閥による北京政府、華南が孫文革命党による広東政府、満洲が緑林上がりの張作霖による奉天政権で、あたかも三国志の如く鼎立したが、中でも優位に立つ北洋軍閥の頭領・袁世凱は、人民共和の政体は国情にそぐわぬとして帝政の復活を図り、自ら皇位に就こうとした。一方、奉天の軍権を握る第二十七師長・張作霖中将は、張錫鑾に代わって奉天将軍となり名実ともに奉天軍のトップとなろうとして、大総統・袁世凱に工作したが、張作霖と宗社党の関係を疑う袁世凱は、腹心の段芝貴を奉天将軍に就けた。これを見た張作霖は、当分隠忍自重の腹を固め、袁世凱に迎合してその洪憲皇帝就任に賛成したが、袁世凱は内外の反対に抗しきれず、五年三月に至り帝位を諦めざるを得なくなる。すると張作霖は態度を一変し、宗社党に接近したので、危険を感じた段芝貴は四月十九日、奉天を張作霖に明け渡して北京へ逃げ帰った。張作霖は盛武将軍に就き、多年の願望を達成したが、同時に日本の援助を得て自ら奉天王国を樹立する事を考え始め、宗社党に対する態度を曖昧にした。これに対し、宗社党とそれに与する大陸浪人たちは憤激し、五月二十七日、旅順から来る関東都督・中村覚大将を奉天駅に出迎えるために急ぐ張作霖の馬車を狙って爆弾を投げたが、張作霖の旭日昇天の勢いはそれをものともしなかった。因みに、この工作に参加していた伊達順之助は、大正十四年の郭松齢の反乱に際し、張作霖を助けることになる。

 袁世凱が自ら帝位を望んだ事は、満蒙の地に潜んでいた宗社党を刺激し、討袁扶清運動を激化せしめる。なかでも蒙古近代の人傑パプチヤップ将軍は、宗社党の首領・升允と結んで粛親王第五王子の憲奎を奉じ、川島浪速を統帥とする軍事行動により、袁世凱の北洋軍閥を排除して満蒙を一体として独立国を樹立せんとした。すなわちタイシャポー事件の五年後、大正五年春に起きた第二次満蒙独立運動(宗社党事件)である。

 しかるに挙兵に先立つ六月六日に袁世凱が急死したため、大隈内閣は従来の姿勢を一変して中止を命じたので、満蒙独立の壮図は空しく潰え、パプチャップも無念の戦死を遂げた。当時、日本の対満政策は旅順派と奉天派に分かれていた。関東都督府に拠った旅順派は、宗社党と組んで満蒙の地に新たな清国を建てようとし、外務省と一部軍人の奉天派は、張作霖を支援して満洲に独立政権を樹立させようとしていた。四年十二月に陸軍参謀総長に就いた上原勇作大将は、満蒙政策に関しては奉天派に属していたのである。 


 ★接収された「奉天秘宝」背後に潜む大谷光瑞師


 大正五年、奉天の軍権は悉く盛武将軍・張作霖に帰した。中華民国大総統袁世凱の命令も、関内からの風に乗って東三省には届くが、実効はない。その袁世凱も六月六日に急逝したので、誰を憚ることのない事実上の泰天王となった張作霖は、大正五年暮れから六年二月にかけて、七度にわたり、泰天城内の秘庫から泰天秘宝を接収する。その際、わざわざ満鉄総裁の特別秘書・上田恭輔を招いて現場に立ち会わせたのはいかにも不審な行動だが、これには理由があり、後に述べる。

 周蔵が作成した『奉天圖経』によれば、秘宝の一部は「張作霖ノ軍部」すなわち奉天城内の張氏帥府に移され、残りは清朝二代皇帝の皇太極の廟所たる北陵に移され、その中にある「番小屋」に隠されたのである。早くもその翌月、すなわち大正五年三月には、東京高等工業学校窯業科長の平野耕輔が大連に呼ばれて満鉄の窯業科長となる。さらに、平野の推薦により小森忍が京都市立陶磁器試験場技手を六月二日に辞任し、翌日付で満鉄に入社して窯業科研究主任となった。すべて奉天秘宝を【倣造】するためである。この手回しの速さを見ると、上田恭輔の力だけでは到底無理である。つまり、その背後に、西本願寺法主の大谷光瑞師がいた、と観る以外にないのである 


 ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(31)  <了>。
 
 

 ★ブロガー註

 参照: 左のカテゴリーから【佐伯祐三真贋事件】をクリックしていただき、

      『天才画家「佐伯祐三」真贋事件の真実』の第二部末章、
      第二部 第二章 貴志彌次郎と周蔵
       々   第三章 奉天古陶磁の倣造

       の二章を是非御一読ください。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/695-933718e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。