カウンター 読書日記 ●岩屋天狗と千年王国(13) -2
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●岩屋天狗と千年王国(13) -2
                        暗河_1
                        ★季刊誌『暗河』(くらごう)
                   1975年春号。西南の役特集。
                   渡辺京二、上村希美雄、森崎和江、石牟礼道子・・・。
                   稀有の一誌。
                                 

 ●岩屋天狗と千年王国(13)

 ■第二次革命を盟約した薩摩西郷と会津西郷

 ★『栖雲記』が語る薩摩西郷と会津西郷

 戊辰戦争の会津城攻防戦の最中、婦女子を含む一族二十一名が悉く自刃し果てた会津西郷家の当主・頼母近悳(ちかのり)その人は明治三十八年(三十六年説もある☆)まで生きのびた。
 ☆明治36年4月28日病没(74歳)。

 そのため、現在、会津方面における風教、人心には、追腹しなかった頼母に対する意識は薄く、むしろ、生き恥をさらした卑怯者として異端者扱いされているのが実情であると聞くが、実は、動乱渦中の当時、自刃を決意していた西郷頼母をして、生き伸びることに死を越える深大な使命があることを感銘せしめるに至ったのは、船渡の戦(会津盆地越後口、只見川渡)で頼母に初めて会った薩摩西郷隆盛の、自ら頼母の手を取っての必死の生への説得があったからなのである。

 薩摩西郷と会津西郷の関係については、現在、わずかに、頼母が書いた『栖雲記』なる私記に、

「維新の初め、館林藩の幽閉を免ぜられ、東の京・隅田川の川辺より、伊豆の月の浦近きあたりに移りしが、やがて、謹申学舎を開き、里人等に学びの道を授けしに、都々古別の宮司になりたる後、その辞すべき旨令せられしは、西郷隆盛が謀反に組せし疑とぞ聞ゆ」

と誌されて、頼母は「隆盛の謀反」(征韓論から西南戦争)に加わっていたとして政府から疑われたらしい、と暗示的に表現されているだけであるが、頼母自記の謀反という表現からも、また、最近発見された隆盛から頼母へ宛てられた二通の書翰(註)からもわかるように、両西郷は、維新政府発足後、早急の時機に第二次革命を敢行するという固い盟約をしていたのである。

 ★隆盛、必死に頼母との連絡を策す

 沖永良部島の流謫を免ぜられて、元治元年(1864)三月上京、軍賦役として薩摩藩の在京責任者となった西郷隆盛は、同年七月の禁門の変(蛤御門の変、その前年の文久三年八月十八日の政変で京を追われた長州藩は元治元年七月、三家老が兵を率いて入京せんとして、会津、薩摩藩兵と蛤御門附近に戦って敗北した)以後の会津藩内の情勢把握に努力し、特に、会津候・保科容保の京都守護職就任に反対したため蟄居を命ぜられて国元の下長原村栖雲亭に隠棲している西郷頼母に対しては、真方衆を通じて再三の接触を図って、同祖同族として親炙の意を表せしめたのであるが、慶応四年(明治元年、1868年)一月の鳥羽伏見の戦の時、盲目で下半身不随の病床にあったため、京都市内で薩摩藩兵に捕えられて薩摩藩邸で厚遇されていた会津砲術家・山本覚馬の意見によって、西郷隆盛は、西郷頼母、神保修理(後に二月十二日庄戸において屠腹)、田中土佐(八月二十三日自刃)三人が、会津藩との交渉を平和裡に収束できる人物であると確信していたので、北越戦線にあった明治元年八月、隆盛は、真方衆と、新発田藩家老・溝口半兵衛の了解を得た新発田藩士・窪田半兵衛をして、会津藩・境津川の戦で官軍に敗れた会津藩兵の兵事方・西郷陽次郎直節(頼母の実弟、山田家を継ぐ)と関牧守の志田某とともに、津川から若松城下へ最短道を急行せしめて、会津藩土・窪田伴(その兄伴治は禁門の変の時、一番槍として長州軍へ突入、二人を切って自らも斬死したため、会津において「窪川伴治は一番槍」と唄われた)へ連絡、唯一の生き残りである西郷頼母に越後口征討軍にある隆盛との接触を求めしめたのである。

 長州征伐、徳川家処分、江戸城明渡し、後の庄内藩処分の例などからもわかるように、幕末維新戦争を道義的に平和裡に収束するのが西郷の心情であり、行動様式であったから、西郷は、残る最強の会津藩に対しても、頼母を通ずる和平工作に傾倒することにしたのである。

 『栖雲記』には、そのことに関して「おのれは籠城の中より越後出張の家老が許へ軽き事の使を命ぜられ、其事を果し、直様、北海道へ赳きし云々」と誌され、頼母は八月二十六日若松城を出ているが、すでに二十三日には、国老・田中土佐と神保内蔵助か伊賀町郭門外で自刃し果てるほど、四方の城門を包囲されていた状況下に、西郷頼母と吉十郎有隣(ありちか、当時十一歳)父子が、無事に城を脱出して、野戦遊撃、遭遇戦が展開されている会津平野を突破して北行せんとした越後口行なるものは、隆盛が派した密頃の先導と護衛があったからこそ可能だったのである。

 現在、頼母は、何故、戦聞酣(たけなわ)の越後ロヘ急行しようとしたのか、その目的、理由は不可解とされ、『会津会報』には、頼母は「越後口より退却せし陣将に君命を伝ふべき重き使命を帯び男吉十郎を伴ひ之に向ふ」と誌され、『栖雲記』には前述のごとく「軽き事の使命を命ぜられ云々」と誌され、また、和平反対派は、頼母を討つため、二、三の刺客を出して追跡せしめたが途中で踪跡を失したとか、刺客は故意に別路を追跡して頼母を見逃したなどと誌されて、頼母の越後口行の実態は判然しないのであるが、『かたいぐち記』には、頼母は、隆盛に接触することによって「何らかの和平好転の糸口やあらん」と、藩主・容保の意を図り、その旨を受けた上での頼母の越後口行だったと誌されている。

 ★ともに米沢へ急ぐ

 八月二十七日払暁、頼母一行が高久村に至った時には、越後口津川の要害から退却しつつあった会津諸隊は国老・萱野権兵衛の指揮下に、坂下、高久の線からさらに若松城の方へ退却せんとしつつあったので、頼母は、藩主・容保の命なりと称して「越後口の敵(官軍)を舟渡の線に扼すべし」と激発したため、会津諸隊は再び反転して西進し、舟渡の只見川の線を固守せんとして、対岸の片門駅に迫った官軍と砲戦を交わして対峙していたが、その間の九月五日に至って、若松城を包囲していた官軍が、高久、坂下の線にあった会津藩兵戦列の背後を衝いて北進して来たため、坂下、塔寺・、舟渡にあった会津藩兵は、右翼は塩川方面へ、左翼は高田方面へ退却するに至った。

 その時の戦で、舟渡の河岸に孤立するに至った頼母一行は、密偵の活躍により、対岸に待機していた西郷隆盛との接触を図ることに成功したのである。

 片門駅にあった越後総督(西園寺公望、参謀・山県有朋)の下へは、その前日の九月四日、西郷が米沢へ送りこんだ真方衆と同道した米沢藩士・窪田茂遂と中川雪堂に案内された家臣・毛利上総が米沢藩の謝罪書を提出していたため、隆盛は、米沢藩を通ずる会津藩への帰順工作を急務として、兵具隊主力は舟渡から只見川沿いに木曽山都方向に流下することを陽動せしめるとともに、両西郷は、塔寺、坂下、木曽山都、慶徳、小荒井、喜多方から熊倉へ密行、その間、若松城包囲中の官軍密使と数回にわたり接触(桐野利秋の城受取り宰領と保科容保の生命保護など)、九月十三日熊倉から米沢街道を北上、十四日米沢に至り、米沢藩を通じて、頼母の意見による手順に従って、十六日、高久村にあった菅野権兵衛に書を送って帰順工作を開始し、それに基いて、若松城の保科容保は藩臣・手代木直右衛門と秋月梯次郎を米沢へ派遣して降伏、開城を依頼するに至ったのである。

 九月五日、舟渡で初めて会った両西郷は、十五日米沢で別れるまでの暫か十日間の野戦起居であったが、この間に、頼母は、隆盛の、過去三百年を遡る両西郷家の歴史的因縁に始まる、徳川の偽史を糾すべき、熱誠溢れる説得により、自刃を断念して、隆盛とともに、偽史是正のための第二次革命敢行を盟約するに至ったのである。

 ★隆盛、頼母の一子吉十郎を鹿児島に預る

 しかし、西郷頼母は、最大の朝敵会津藩の責任ある立場にある者であっただけに、ひとまず、隆盛との接触を離れて、時局安定の秋まで自力で逃晦、生きのびなくてはならなかったため、隆盛と図って一子・吉十郎を隆盛に託して一詩を賦し、弟・陽次郎直節と共に、隆盛が附した真方衆密偵二人に守られて、米沢から仙台を経て、大鳥圭介軍に投じて幕艦開揚丸に乗じて函館へ奔ったのである。

 隆盛は、戦局前途多難の折から、すでに一族二十一名が悉く自刃し果てた会津西郷家の、残る唯一人の生存者である吉十郎の命を保護しなくては、栄ある会津西郷家は絶滅するに至るとしたのである。

 「薩摩西郷隆盛、会津西郷の一子を同行す」といった異彩の取合せは、またたく間に、東北戦線諸藩人の薩摩西郷への人望を弥増し、風を慕った雲井龍雄(米沢藩)が、かつての討薩檄の賦も忘れて、藩の意見もものかは、中川雪堂、窪田茂遂とともに、勝手に、西郷の後に付して離れなかったのはこの時であったという。

 西南戦争の時、西郷を慕って城山で死んだ中津隊(豊後)隊長・増田宗太郎(註)が、敗色濃き秋、隊士と別離して鹿児島へ南行するに当って、「吾、此処に来り、始めて親しく西郷先生に接することを得たり、一日先生に接すれば一日の愛を生ず、三日接すれば三日の愛を生ず、親愛日に加はり、去るべくもあらず、今は、善も悪も死生を共にせんのみ」と語って、西郷を慕って南下した例もあるように、西郷の奕奕(えきえき)たる人格的光芒は、雲井龍雄をして初会一瞬にして魅了、その心を離すことがなかったのである。

 間もなく東京に出た雲井が、徳川の偽史糾明運動に奔命するに至った契機は、実に、この時の西郷との接触にあるものであると『かたいぐち記』には誌されている。



 ★西郷が函館へ急行した目的

 会津藩記録では、函館戦争当時、頼母は変名して一兵卒であったとか、風韻朧月の日々であったなどと誌されてその実体は判然しないそうであるが、幕府側函館戦争義人録にも「役員外江差詰」の一人として「会老 西郷頼母」と誌されているごとく、頼母は戦列を離れて江差で隠棲者のごとき生活を送っていたのであるが、明治二年四月五日、官軍が江差北方の乙部村に上陸、南下してきたため、四月十日、幕軍は土場から松前方面へ後退した。

 その時、頼母は官軍に「自訴して降伏」したため、四月十六日江差に上陸して来た黒田清隆は頼母と同船して四月二十日松前へ、さらに函館へ移って頼母を官軍の特別の保護下に入れ、会津藩の積極抗戦派首脳の処罰が決定執行(明治二年五月十日、家老・菅野権兵衛の自刃)されるまで、その身分、所在を秘され、五月二十日函館に上陸した西郷隆盛が託した山本数馬(旧土佐藩士、坂本龍馬を通じて西郷とは旧知の間であったが、当時、太政官密偵として沢辺琢磨と変名して北辺探索に当っていた)宅に隠されて生き伸びることを得たのである。

 黒田清隆から、函館戦線終了近しとの報を受けた西郷隆盛は、明治二年五月一日、薩摩藩兵差引として鹿児島港を出発、五日品川に着いたが、大村益次郎などの、函館戦争はすでに終了したりとする嘲笑をも意に介せず、西郷が遠く函館へ急行した目的は、実に、榎本武揚以下幕兵すべての救命と西郷頼母の身柄確認とその子・吉十郎の引渡しなどその後の身柄振り方などについて官への具申について黒田清隆に指示することにあったのである。

 この時の西郷の意気込みが「一人ヲ刑セズ」であったことは、西郷が黒田清隆に「薩摩士官の全生命を賭けて、榎本以下幕軍将兵の命を譲る」と主張しろと指示したことからもわかるのである。西郷が、大村益次郎などの嘲笑をも意に介せず函館へ急行したゆえんであるが、従来史は、函館における西郷の意図を隠蔽するため、西郷は「二十五日函館着、上陸せず、船上から巨眼一瞥したままで即日帰航した」などと誌しているのである。

 その時の西郷の行動は、五月十六日品川出港、十八日五稜郭陥落、榎本以下亀田会議所会談、二十日西郷函館着、二十五日出航したものであることを参考として誌して置きたい。

 ★大村益次郎暗殺を密命した大久保と岩倉

 西郷が函館へ急行した目的が、人命の尊さの主張と、討幕戦終了後は、官職の別なく、徳川の偽史糾明の革命のために必要な人材確保という深慮遠謀にあったということが後でわかったため、西郷の函館急行を「無駄な物好き」などと嘲笑した大村は却って物笑いされる羽目となってしまったため、そのことを含みとして逆うらみした大村が、太政官からの再三の注意にもかかわらず「西郷は妖僧・岩屋天狗の子孫だ」「西郷は足利尊氏のような奴だ」「西郷はユタだ」「西郷は次の革命を意図している」などと盛んに吹聴、公言しはじめたため、そのことから、岩屋梓梁と易断政府の歴史的存在が露呈することを恐れた明治政府は、岩倉と大久保の指示により、弾正台忠・海江田信義(旧薩摩藩士)の工作で旧長州藩士・大楽源太郎に図って、その部下、団伸二郎、神代直人などをして大村の暗殺(明治二年九月負傷、十一月死)を図ったのである。

 現在、大村が暗殺された原因は、その四民皆兵の思想(靖国神社々頭大村銅像には「近代兵器使用推進による兵制改革」にあったと誌されている)に原因があったとしているが、明治維新政府発足怱々の二年当時、国民皆兵や近代兵器使用推進の考え方などは、憂うべき物の数のものでなく死に値するほどのことではなかったのである。

 実に、大村が暗殺された原因は、医者あがりの大村の、新知識だけを取り得にした、品容を欠いたそのベラベラの言動が、歴史的存在としての岩屋梓梁と易断政府の存在暴露に通ずるとされたその多弁の口が禍の元だったのである。

 ★雲井龍雄の刑死、広沢真臣暗殺は大久保の指令

 明治二年五月函館五稜郭落城後、九月東京へ護送された西郷頼母は九月十二日館林藩に幽閉(註)されていたが、三年二月十一日、幽閉を免ぜられて斗南藩(旧会津藩)へ引渡されると同時に、西郷隆盛が庄内藩国老・菅実秀に依頼して斡旋して貰った隅田川沿いの小梅にある越後屋(庄内藩御用商)の寮(註)に移り、芝増上寺(増上寺には、西郷於愛の子、第二代将軍秀忠の墓があって、会津保科、会津西郷家の墳塋の地とされていた)を連絡場所として、密かに、全国的な歴史調査(昌平黌・林三郎惟純、他学匠)と易断伴類などの国友衆(特に鉄砲製造基地群)との連携工作に着手したのである。

 米沢藩降伏後、西郷隆盛からうけた歴史訓戒に深い感銘をうけた雲井龍雄は、持ち前の激情性から、西郷頼母の館林幽閉解除と前後して、三年二月二十六日、芝二本榎の上行寺と円真寺に「歴史点検所」(民衆による徳川曲史再検討運動。従来史は、この看板名を帰順部曲点検所だったとして、藩兵に代る、新政府への帰順を目的とした親兵募集所だったとして事実を歪曲した)なる看板を掲げて、全国から、無差別無選択に有志者(雲井はそれを天兵と称した)を糾合して、謂わば処士横議の態の、歴史改変の尖鋭集団として、史料の発行、販布などをしたため(従来史はこれを贋札発行などと誌した)明治政府は、これを、政府顚覆の陰謀だったとして三年五月十三日雲井を逮捕して十二月二十八日梟首し、さらに、この運動に与した山田陽次郎(西郷直節)を七月四日日光今市にて逮捕、十二月二十六日淮流十ケ年を判決、それから三年後の明治七年五月函館において獄死(刑死)したのである。

 明治四年正月、広沢真臣(長州藩士、明治維新時、木戸孝允と同格の千八百石の永世禄をうけた功臣)が何者かによって暗殺された原因が不明であるのも、真臣が、雲井龍雄に同腹して多額の資金を援助するなどしてその歴史糾明運動を強力に支援したからであるが、雲井と広沢の死が相前後して急がれた理由は、四年正月早々に上京が予定された西郷隆盛の着京、参政前に殺す必要があるとしたからである。広沢暗殺の理由、原因が判然せず、暗殺者が不明であるゆえんであるが、上京した西郷は「草の根分けても犯人を捜せ」と指令したほどの執念であった。

 『異端記』には、犯人は大久保の指令で動いた旧薩摩藩士・野村綱で、野村は広沢暗殺後直ちに宮崎へ逃げて県職員をしていたが、明治十年役勃発直前上京して、再び大久保の指令をうけて密偵として鹿児島へ下ったが、「暴発等ノ節ハ自ラ大小為スコトアルベシ」という大久保の指令通り、「危し」とみて、鹿児島上陸後その足で県庁へ出頭、密偵であることを自白したため、伊丹親恒達のような拷問は受けることはなかったのである。

 ★伊豆半島鉄砲製造基地を調査

 西郷頼母は明治四年春、隆盛の尽力により、その息・吉十郎が島津啓二郎(当時十三歳、註)と共に米国留学に出発するのを横浜に見送ってから、秋九月に至って、それまで歴史研究の指導をうけていた昌平黌・林三郎と共に静国表を調査、さらに、清水港から清水次郎長に案内されて駿河湾を伊豆半島田子港、月の浦に上陸、江奈村(現松崎町、この地は、かつて隆盛の依頼により、頼母が、慶応三年五月、会津藩士・大島篤忠を鉄砲基地調査のため送りこんだところ)の寧香義痒の痒長となったが、一旦帰京、
さらに翌五年春、再び、陣容を整えて江奈村に至り、依田佐二平(大沢村、差配大家)が設置した謹申学舎塾長(英語・山川忠興、仏語・幾島閑)となって、本格的な鉄砲製造基地(天文十四年、岩屋梓梁の遣明船・天祐丸が日本へ帰航中、暴風雨のため伊豆半島岩地海岸に漂着した後、南伊豆一帯に建設した鉄砲製造基地)の調査に着手したのである。

 当時、頼母が深く接触した依田佐二平の祖先は、天祐丸で漂着した入田信勝の子孫であり、佐二平の母の生家、岩地の旧家・高橋文佐衛門家(通称・屋文佐)も天祐丸で漂着した高橋信景の子孫だったのである。

 明治五年十月、隆盛は、陸路、小田原、湯河原、下田に至って頼母と共に南伊豆鉄砲鍛冶旧跡を視察、依田宅から頼母を同行して出発し、静岡、名古屋、近江、奈良、堺を訪ね、大阪から船で十一月十日鹿児島へ帰り、翌六年三月、清国行の途次、鹿児島に寄った外務卿・副島種臣と会談後四月上京した。

 西郷隆盛を中心とする徳川の偽史糾明による四民平等の民権確立運動は、やがて、西郷の朝鮮使節可否論争(いわゆる征韓論)となり、江藤新平の佐賀の乱、前原一誠と永岡久茂の萩の乱、秋月の乱(神機銃々隊長・中野五郎三郎)、土佐における大江卓、林有造の挙兵準備(植木枝盛の反対で挫折)、陸奥宗光の挙兵計画、最後に、西郷隆盛の西南戦争という大乱となって展開していったのである。

 そして、これらの内乱の政府側裏面において、大久保が工作、関与、謀絡し、無慙に誅断していることを忘れてはならないのである。当時、大久保の暗殺がおそすぎたと謂われ(アーネスト・サトー記)西郷隆盛が「謀叛に組せし疑とて聞ゆ」と誌したゆえんである。

 薩摩西郷と会津西郷との結びつきを始めとする明治初期の民権確立の諸反乱の真相が、大久保利通の指令による、三島通庸、小牧昌業、大迫真清、奈良原繁、海江田信義、大浦兼武、菅井誠美、園田長照、柏田盛文、川上親晴、佐藤暢、高崎親章、大山綱昌、時任為基、安楽兼道など、全国的に配置転任した多くの薩摩薩出身県令を出先とする修史局・重野安繹、伊地知真馨などの筆誅曲説や新聞条令、讒謗律(明治八年六月)などの断圧により、明治政府史から完全に封殺、歪曲されてしまっていることを忘れてはならないのである。

〔註〕薩摩西郷から会津西郷へ贈られた手紙
  両者の関係については、西郷頼母研究会発行の昭和五十二年十月一日附機関誌には「性格的にも思想的にも、東西の対立関係の障害を超えてまでも共鳴するものはなかった」と否定されているが、昭和五十三年五月一日発行の同機関誌には、私が昭和五十二年八月十日附著者作の『西郷征韓論は無かった』の一部が転記され、同研究会発行の昭和五十三年三月十日と同七月二十日附の『栖雲亭通信』には「東西で、頼母宛隆盛書翰発見、維新時、両西郷交流の謎解明に新史料」「京都、隆盛書翰詳報、首謀者処分二月三日の謎」と首題して、書翰全文が記載されている。同研究会の地域拠点として「鹿児島(西郷隆盛)」と記載されていることからしても、同研究会も両西郷の密接な関係も肯定されているものと思う。昭和五十四年からの「会津祭り」に「西部頼母」なる主席家老が突然登場して、何者なりや?と会津人の注目を惹いたのも這般の経緯を物語るものといえよう。

〔註〕増田宗太郎
 福沢諭吉は、その人柄を「中津より宗太郎出だしたるは、猶、灰吹より龍の出でたるが如し」と絶讃した。増田が誌した中津募兵の檄に、この決起により「人民天賦の権利を回復」とあるは、増田が、西郷軍の決起に、自由人権の回復がその目途であることを知ったからであるといえよう。

〔註〕西郷頼母が館林に幽閉された理由
 大塩平八郎の乱に共鳴して越後柏崎(桑名藩の支領)で反乱を起した生田万の生家は館林藩士だったため、頼母は、隆盛の依頼により、生田万及びその家伝の書(大中経、日文伝評論、岩にむす苔、大中真人謾稿など)を研究した。館林における頼母の詩に「冷淡面目に横?って人の識る無し、涕(なみだ)を攬って起座し、短聚(燭台)に対す」とあるはそのころの心境を詩ったものといえよう。頼母の弟・直節は、生田万が館林から移って厚載館を開いて教授していた太田へ移って、生田万の太田における動静を調査した。

〔註〕向島小梅にあった越後屋の寮
 文久三年、淡路島生れの鈴木重胤(国学者・大国隆正に入門、平田篤胤に書教さる。伊集院郷出身の有馬新七の親友で造士館教授たるべく鹿児島に着任したが島津斉彬の死によって引返す。真方衆の懇請により 下関において白石正一郎に国学、歌道を教ゆ)は、庄内藩・大滝光憲の援助により、小梅にあった越後屋喜左ヱ門の寮で廃帝の事績(岩屋梓梁の事蹟)調査を行っていたため、この寮で尊攘派に暗殺された。この話を、菅実秀から精しく聞いた西郷隆盛は、この寮にことさら愛着を抱いて、乞いて西郷頼母を起居せしめて第二次革命策謀の基地として活用したのである。

〔註〕島津啓二郎
 島津啓二郎(島津支藩、佐土原藩主・島津忠寛の第三子)と西郷吉十郎は、西郷隆盛の尽力により、明治四年米国へ留学(アナポリス海軍兵学校、ニューヘブン、グリンボルド、ロムボルドの諸校)九年四月帰国、ともに関東、東北を遊歴、吉十郎は薩摩において西郷小兵衛(隆盛の弟)方に起居、私学校党に与して西南戦争に参加、肥後高瀬の戦において二月二十七日負傷したため、西郷小兵衛の命により長崎へ転戦するからと称して、当時、高瀬南方の百貫石対岸の小島に本営を構えていた島津啓二郎をして、吉十郎を長崎の洋医の下へ送ったが、西郷小兵衛は、その半刻足らずの後、同じ高瀬河原において銃弾に当って戦死した。
 啓二郎は、九月、城山において戦死した。吉十郎は東京へ移って病死したというが筆者はその先を知らない。

 ******************

 ■西郷を衝撃した明治切支丹 ― その解禁の謎
 へ続く。
                      
 


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/669-36399f18



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。