カウンター 読書日記 ●『岩屋天狗と千年王国』
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●『岩屋天狗と千年王国』
                      岩屋天狗と千年王国_1

 ●復刻出版も何時のことやら、古書店にも出回らず、このまま埋もれてしまうのは、

 看過できない。

 少しずつ紹介していくことにしました。  

 
 ●『岩屋天狗と千年王国』 上・下巻

 1987年3月10日 初版第一刷発行 定価 2、800円

 著 者 窪田志一

 編集発行 岩屋梓梁顕彰会 代表:窪田 兼清
        埼玉県川口市並木3-3-18 坂井ビル
   
 発 売  八幡書店

 ***************

 著者・故窪田氏、〔あとがき〕に曰く。

 「学者は、負けるから公開論争に応じないのだ」

 「二人の英雄(岩屋梓梁・西郷隆盛)の死の悲劇に胸が痛み、涙が流れて仕方がない。」

 四方田犬彦氏は、薦める。

 「願わくば、故・窪田氏が生涯を費やして説いたこの巨大な叙事詩」を「味わいたまえ!」



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/653-a2b94cba



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。