カウンター 読書日記 ● 新也トーク
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


● 新也トーク
 ★新也トーク より。
 ***********

 2008/06/18(Wed)
 加藤智大や酒鬼薔薇聖斗にならずひっそりと死んでいった無数の青年 

  
 今回のアキハバラ事件の加藤智大は私が八十年代に描いた★「乳の海」の主人公である透君にそっくりだという説がある。確かに加藤智大と母親の関係をつぶさに検証すると、あれから20年の歳月を経て、乳の海の主人公が完璧とも言える姿で我々の前に現れたとの感が否めない。

 その後の加藤智大の書き込みによれば、彼の母親は智大が着る服まで管理していたという。
 『乳の海』には★透青年が母親同伴でブティックに行ってコートを買う際に、スクランブルジャンパー(*米兵用の)を選ぼうとして母親から止められ、むりやりにベージュ色のお行儀の良いコートを選ばされ、ついにキレた透青年は、そのコートを地面に叩きつけるシーンがある。
 母親から脱出した透青年はその後社会(*筑波大学)に出るのだが、ここでも現代社会という母性管理的な環境の中で徐々に骨抜きにされて行き、最後は透明な僕になって行く。

 ご承知のように<透明な僕>とは神戸の酒鬼薔薇聖斗の吐いた言葉だが、その事件の起こる十年前に乳の海ですでに透明な僕は登場しているわけだ。

 透青年そっくりの加藤智大が酒鬼薔薇聖斗と同じ歳とすればここに見事なトライアングルが完成するわけだ。だが透青年は透明な僕になって消えるが、加藤智大と酒鬼薔薇聖斗は爆発する。この消えることと爆発することは紙一重であり、この社会の抑圧構造の中で透青年のように消えた青年は加藤智大の何百倍いや何千倍も存在すると見るべきだろう。

 その消えるとは自殺のことである。
 いわゆるネットの仮にそれを「出会い系自殺」と呼ぶなら、ネットつながりの練炭による他人同士の心中や薬物による心中である。孤独と社会的抑圧の中で加藤のように爆発せずひっそりと死んで行った青年は無数におり、そのことを思うと暗澹たるものがある。

 ところで私のところにきた投稿メールの告発で知ったのだが、読売新聞の編集委員が書いたと思われる6月10日付けの「編集手帳」のこの事件に関する記事の中に「世の中が嫌になったのならば自分ひとりが世を去ればいいものを」という見過ごすことの出来ない論調があった。
 この論理は他者の存在というものが念頭にないネットに氾濫する「てめえ一人で死ね!」というゴロツキ論調とまったく同じ論理であり、そのような論調が日本で最大部数を誇る新聞の編集委員によって書かれているということに驚きを禁じえない。

 それが単独であればもう記事にもならぬほど読売の筆者がのぞむ「ひっそりと死ねばいい」青年たちは加藤智大のように暴発することなく、日常茶飯事に私たちのかたわらで人知れず死んでいるのである。

 ★ 『乳の海』 1986年4月 情報センター出版局

  その中の「青年とチワワ」の透青年のことだが、「ママ」は彼を「透ちゃん」と言言い続ける。

  初章の「機械じかけの聖母―プロローグ」も印象的だった。

 **************
  
 
 「読書日記」【2008/06/13 11:40】 | ワーキングプア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
  1.『柳美里不幸全記録』より。 

 
 ************* 

 2003年4月11日 金曜 くもり

 今日から毎日幼稚園。朝7時に起床して、いつもより早く朝ごはんを食べさせる。

 ・・・略・・・

 (園の中では、「男の子はほぼ全員教室のなかで泣いていて、女の子はほぼ全員砂場遊びをして いました。 去年読んだ『男の子って、どうしてこうなの?』に<男の子は女の子よりも早く丈夫に育つが、母親から引き離されると、女の子よりも苦し>み、男の子は精神的に女の子より6ヶ月から12ヶ月ぐらい発育が遅れ、同じ歳の女の子達といっしょに学ぶと、<女の子より劣っていると感じ、早々と学ぶことをあきらめてしまう>ので、<5歳頃から幼稚園に行くべきなのはあきらか>で、<長く(場合によっては1年ほど長く)幼稚園にとどまっているべきだろう>と書いてあったことを思い出した。

 一方で、一昨年の読売新聞で、バルセロナ五輪の平泳ぎ200Mのゴールドメダリスト岩崎恭子さん(24)の「児童水泳選手における両親の養育態度」という日大文理学部の卒業論文が紹介されていて
  
 父親ー娘、母親ー娘、父親ー息子よりも、母親ー息子の過保護が目立つと書いてあったことを思い出した。

 柵越しに並んでいるのは(わたしを含めて)男の子の母親が多かった。    ・・・略・・・

  

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/513-a117476d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。