カウンター 読書日記  ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(17)ー1
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(17)ー1
●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(17)-1

  金融ワンワールドの頂点に立った松方正義と各人士の相関関係  ◆落合莞爾  


★「横浜正金銀行」誕生の光と影、人事での暗闘

戦前、貿易金融と外国為替に特化した特殊銀行として世界に名を知ら れた横浜正金銀行は、戦後GHQの指示で普通銀行となり、東京銀行と
改称し、昭和29年の外国為替銀行法により唯一の外国為替銀行となった。平成大暴落の後は、金融危機に対処するために三菱銀行と合併して東京三菱銀行と称し、さらにUFJ銀行と合併して、現在は三菱東京UFJ銀行の長い行名を称している。同行の創立を発案したのは、『横浜正金銀行史』によれば、早矢仕有的と中村道太であった。ハヤシライスで知られる早矢仕は、薬品・書籍の輸入業者たる丸屋商店(現在の丸善)の経営者で、中村も同商店に密接な関係があった。明治11、2年頃のわが国経済情勢は、西南事変のために政府が増発した巨額の不換紙幣が巷間に溢れ、事変鎮定後も急速な収縮が叶わず、輸入の超過と正貨の流出に拍車をかけ、ために正貨と紙幣の価値に大差を生じていた。輸出入品の貿易は、横浜・神戸・長崎等の開港場で本邦商人と外国商館の間で行われていたが、取引はすべて銀貨(メキシコ銀・貿易銀・1円銀貨)で決済された。すなわち輸出業者は代金を銀貨で受け取り、これを不換紙幣に換えて仕入れ資金に充て、輸入面は手持ちの不換紙幣を銀貨に換えて外国商館に輸入代金を支払っていた。このため、開港場における銀貨売買(銀紙取引)は活発を極めたが、それが投機資金を呼び入れ、遂には一種賭博場の観を呈して銀貨相場を変動させたため、輸出入業者の経営は危機に曝された。しかも、当時の外国為替取引は、オリエンタル銀行・香港上海銀行・マーカンタイル銀行ら外国銀行が専ら支配し、一覧払い銀貨手形を発行して相場を操縦するなど、邦人貿易商に不利を強いることが少なくなかった。これに憤慨したのが早矢仕と中村で、早矢仕が旧知の福沢諭吉に相談し、福沢の紹介により中村が大蔵卿大隈重信を訪れ、外国銀行の専横に苦しむ貿易業者の救済策を具申した。すなわち、邦人により正銀取引銀行を設立し、内外商人の間に介在して銀貨の供給を円滑にし、邦人の商権回復を図る主旨である。大隈大蔵仰は直ちに賛成して、13年2月に同行は設立された。

 表面は右の如くであったが、その実状は、丸屋商店の衰運を挽回しようとした早矢仕が、中村他を語らって銀貨投機に参入したものの、失敗を重ねたため再度挽回を謀ったものであった。彼らの予定は、資本2、30万円の小銀行を設立し、貿易商や投機家に対して銀貨を担保に紙幣を貸し、または紙幣を担保に銀貨を貸して、日歩(一日分の利息)を取ることを本業とするが、その傍らで早矢仕自らも時に投機を行おうとしたものであった。これに対し福沢は、種々適切な助言を与えて論拠を正したので、中村の意見具申を受けた大隈は大いに賛成し、資本金を予定の10倍の3百万円に増加せしめた。因って、12年11月10日付で創立願書提出、翌日に許可が下り、発起人のうちから中村道太が初代頭取になった。創立を隠然支援した福沢は副頭取に門下の旧紀州藩士・小泉信吉を送り、以後も慶応義塾出身者を多数送り込んだので、やがて行内には早矢仕・中村の丸屋商店一党と、慶応義塾出身者の一派の両派が生まれることになる。発起人は13年1月、内外の信用を博するため資本金の3分の1に当たる百万円を政府出資とすることと、業務監督のための管理官の派遣を大蔵省に請願したところ、2月6日付で許可を受け、大蔵少輔(次官・審議官クラス)吉原重俊が管理長となった。ここに同行は本店を神奈川県横浜区本町に置き13年2月28日を以て開業する。この日は大隈が大蔵卿を辞して佐賀藩の後輩・佐野常民にその席を譲った日で、また松方正義が大蔵大輔から内務卿に転じた日に当たる。フランス帰りの松方が、永年にわたり支えてきた大隈の財政政策を批判して、ともに大蔵省を去った背景は前月号に述べたところである。

 その頃には銀貨・紙幣の交換比率が益々悪化し、ために同行は、窮状に陥った輸出業者を救済すべく、邦人輸出業者に対レ貿易品買入のための紙幣の融通、つまり貿易金融を始めた。14年1月の第1回定期総会で早くも利益金を計上し株主配当を行った同行は、同月外国為替業務拡張のため小泉信吉を欧米に派遣する。出発に際して、大隈参議から英人シャンド宛の書簡を与えられた小泉は、ロンドンでシャンドから種々の便宜を得た。つまり小泉信吉は、この時めでたくワンフーールド金融部門の首脳にお目見えしたのである。
 
 

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/489-bbc02105



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。