カウンター 読書日記 ●『杉山茂丸伝』ー(1)
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●『杉山茂丸伝』ー(1)
                      杉山茂丸_1


●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(13)―1

 ★知られざる大物『上原勇作伝』と『周蔵手記』に見る高島鞆之助
                                ◆落合莞爾
  ニューリーダー誌 2008.1月号

 ●杉山茂丸の一端を明らかにした『アジア連邦の夢』
 (*『ドグラマグラ』の夢野久作=杉山直樹・泰道の父親) 

 
前月号で、高島鞆之助・樺山資紀と児玉源太郎、後藤新平の関係を述べつつ、「ここまで書いて折よく、この見解を裏付ける資料に際会した」と書いた。その資料とは、平成十八年に発行された堀雅昭著『杉山茂丸伝〔アジア連邦の夢〕』である。内容は後稿で紹介するが、玄洋社総帥の頭山満の指南役だった杉山茂丸が、伊藤博文・山県有朋・桂太郎など長州派首脳や後藤新平を操縦していく経緯を、原資料に当たりながら解説したもので、御用史家や売文史家が従来全く気づかなかった杉山の本質を明らかにしている。この著の価値は長州派首脳に取り入った杉山が、独自の政治的価値観を以て国策を進めたことを立証した点にあるが、その一方、一介の浪人・杉山がそのような地歩に立ち得た理由については考察及ばず、また杉山が近侍した謎の貴公子・堀川辰吉郎に全く触れていないのも遺憾がある。
 
 尤も、かかる杉山の深奥部に関しては、そもそも直接資料なぞあるべくもなく、考察対象を原資料に限定する限り、已むを得ないものと思う。ともかく私としては、本誌の新連載で探究・推理を始めた日本近代史の核心部分、すなわち吉井友実・根方正義・高島ら薩摩ワンワールドと、その後継者たる上原勇作と上原に続く荒木貞夫につき「杉山茂丸という一本の補助線により極めて明瞭に裏付けられた」との実感がある。

 *****************

前に、こう紹介された(した)著作を読んでみます。

「目次」を先ず見てみると、「怪人」、「百魔」=杉山茂丸の一生が浮き出てくる「気配」が強く感じられます。

 以下、紹介していきます。
 

 先ず「目次」から。
 *************

はじめに

第一章 自由民権の嵐

吉田磯吉と珍山尼
伊藤博文との出会い
士族たちの最後の戦い
藤田伝三郎との出会い
再上京の決意
文明開化の匂いの中で
井上馨と甲申事変
ねらわれた伊藤博文
北海道への逃亡
アンダーグランドの世界
頭山満との出会い
山田顕義と九州鉄道
山県有朋の保安条例
国権派新聞の誕生
『大阪毎日新聞』の創刊
井上馨と玄洋社の運転資金
「犬神博士」と炭鉱王

第二章 日清開戦の機運

戦争と炭鉱
井上馨を救った頭山満
大隈重信の右足
謎の「金受取証」
日清戦争の発案者
石炭貿易
日清貿易研究所
殉節三烈士
品川弥二郎との密約
選挙干渉の舞台裏
実業学校の開設
朝鮮沿海漁業と天佑侠
日清戦争への布石
山県有朋から出た工作資金
金玉均の暗殺
遼東半島割譲に反対する
李鴻章の狙撃
三浦梧楼と閔妃暗殺

第三章 膨張する視座

幻の『露西亜亡国論』
台湾鉄道の敷設
台湾銀行の創設
児玉神社
鄭成功伝説
京釜鉄道の敷設
青木周蔵と釜山港の埋築
経済策士の資本主義
第一回渡米と八幡製鉄所
第二回渡米とJ・P・モルガン
ニューヨーク
日本興業銀行

第四章 日露開戦への道

政友会の成立
日露開戦の七つの密約
日英同盟の裏側
第三回と第四回の渡米
京浜銀行の後始末
京阪電気鉄道の敷設
義太夫と日露戦争
最初の著書『帝国移民策新書』
ロシア革命とユダヤ人
機密情報の漏洩
児玉源太郎と南満洲鉄道
「凱旋釜」の石碑

第五章 アジア連邦の夢

支那は永遠に滅びぬ国
辛亥革命
東京大学の骨格標本
週刊誌『サンデー』の創刊
「日韓同祖論」と宋来峻
韓国統監になった伊藤博文
未完のアジア連邦
伊藤博文の韓国統監辞任
安重根発射の弾丸
日韓合邦記念塔
「遷都私議」と博多湾
築港
第一次世界大戦後の不況
消えた大分軽便鉄道計画
関門海底鉄道トンネル

第六章 第二維新の準備

お召し列車事件
南北朝正閏論と『乞食の勤王』
ラス・ビハリ・ボース
「中村屋」のカレー
フィリピン買収計画
ホルワット政権樹立構想
暗殺された原敬
国技館の再建
関東大震災と夢野久作
武智歌舞伎と『浄瑠璃素人講釈』
大杉栄と伊藤野技
田中義一と日魯漁業
雁の巣飛行場
五・一五事件と二・二六事件
交友五十年と祝賀披露会
茂丸の死
一行寺での玄洋社葬

杉山茂丸年譜
おわりに
主要参考文献
主要人名索引 

 ***************

★次に巻頭言 (「はじめに」) です。

 ***************

はじめに

 黒田藩馬廻組百三十石という侍の家に生まれた杉山茂丸だが、若い頃に小学校の代用教員をした以外、生涯浪人を貫いたアウトサイダーだった。その日暮らしを意味する「其日庵」(そのひあん、又は、きじつあん)を号にしたのもそのためだが、長州閥の政治家たちの裏側には必ず彼がいた。日韓併合を断行したといわれる伊藤博文、日清戦争を工作した山県有朋、日露戦争を戦った桂太郎、南満洲鉄道を計画し台湾総督になった児玉源太郎、朝鮮経営を実行した寺内正毅、昭和に首相になった田中義一、国際連盟を脱退して満鉄総裁に就任した松岡洋右。長州閥は陸軍閥なので、乱暴にいえば陸軍の背後で暗躍した人物といえなくもない。一方で福岡の国家主義団体「玄洋社」を率いた頭山満とも睨懇で、ある時期からは玄洋社の金庫番として頭山の指南役にもなった。そして自由に朝鮮や台湾に遊び、アメリカにまで雄飛して世界一の金融王J・P・モルガンと外資導入案をまとめたりもした。
そんなとらえどころのない輪郭により、いつしか「ほら丸」だの「策士」と揶揄されるようになる。
茂丸の面妖さがいか程であったかは、鵜崎鷺城が『当世策士伝』(大正三年刊)で語る次の一文でも察しがつくはずだ。「政治家にあらずして政界に関係を有し、実業家にあらずして財界に出没し、浪人の如くして浪人にあらず。堂々たる邸宅に住ひ、美服を身にし、自動車を駆って揚揚顕官紳士の邸に出入し、常に社会の秘密裏に飛躍しつつある杉山茂丸は、当代の怪物一種の策士として興味ある人物である」
 幸い茂丸は『其日庵叢書第一篇』『乞食の勤王』『青年訓』『建白』『百魔』『百魔続編』『俗戦国策』といった著作を明治末から昭和期にかけて二〇冊以上も残した。息子の夢野久作も『近世快人伝』で父を語っているし、学者の研究書では未完ながら一又正雄の『杉山茂丸・明治大陸政策の源流』や室井廣一の「杉山茂丸論ノート」(東筑紫短期大学研究紀要)、血縁者が書いたものに野田美鴻(よしひろ)の『杉山茂丸伝・もぐらの記録』などがある。そこで私は、これらの資料を読み解き、茂丸の軌跡をたどることで、一人の魔人の視点から日本近代の舞台裏を眺めることにした。
 (続く)
 
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/401-ace21772



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。