カウンター 読書日記 ●原爆投下の謎に迫る
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●原爆投下の謎に迫る
  『日本のいちばん醜い日』 ( 鬼塚英明 成甲書房 2007.8.5 )から
  
  ●醜の章の紹介を続けています。


 (『日本海軍の終戦工作』より)
 宮中グループが本音として終戦工作をどう捉えていたかを知るうえで、どうしても引用しなければならない証言がある。それは岡田や近衛と並び、終戦工作に深い関わりを持ち続けた★米内光政の次の発言だ。

 「私は言葉は不適当と思うが原子爆弾やソ連の参戦が或る意味では天佑だ。国内情勢で戦を止めると云うことを出さなくて済む。私がかねてから時局収拾を主張する理由は敵の攻撃が恐ろしいのでもないし原子爆弾やソ連参戦でもない。一に国内情勢の憂慮すべき事態が主である。従って今日その国内情勢を表面に出さなくて収拾が出来ると云うのは寧ろ幸いである。(「米内海相直話」昭和20年8月12日)

 ここには、「聖断」による戦争終結を急いだ宮中グループや鈴木内閣の本音が語られている。しかも、東条内閣打倒工作から戦争終結のシナリオを設定し、リードしてきた海軍穏健派と目されてきた代表的人物の口から見せられた意味はきわめて重大だ。
 私はクーデターを書いてきた。あの偽装クーデターは、天皇を中心とする権力機構を敗戦後も温存するために必要だった。ただ、天皇はその温存の方法が、確実に未来へとつながる方法が見つからず、終戦への努力を無為にすごしていた。そこで大きな外圧を受けて、その外圧を利用して国内の終戦工作を有利にしようとした。そこで最大限に利用されたのが原子爆弾であった。米内元海相はそれを「天佑」だと言うのである。原子爆弾が数多くの人々を一瞬のうちに殺してしまったことを!

 私がこの『日本のいちばん醜い日』を書こうとし、いろんな本を読んでいるとき、いちばんショツクだった言葉は、天皇の「あのものたちは何を考えているのだろうか・・・」であった。私はそれを「日本でいちばん醜い言葉」と表現した。その次に醜いと思った言葉がこの米内海相の「天佑」発言であった。

 原子爆弾が落ちた後、国民の苦しみの状況を嘆く言葉の一つとしてなく、天皇をはじめとする宮中人や鈴木内閣の大臣たちは、これを「天佑」として国内の終戦工作を有利にすべく(アメリカやソ連、イギリスに対してでなく)、活発に動きまわるのである。
 アメリカ側から見た原爆投下の本を読むと、もし、アメリカが、降伏条件を提出したポツダム宣言の中で、降伏条件の明確化、すなわち天皇制護持を伝えていたら、日本は即座に応じ、戦争は終結し、原子爆弾の投下もなかったとする説が主流を占める。

 J・グルー国務次官(六月十三日)、スティムソン陸軍長官(七月十六日)、チャーチル英首相(七月十八日)、それぞれがトルーマン大統領に降伏条件の明確化を訴えている。しかし、明確化はなされなかった。
 その一方でスティムソン陸軍長官、マーシャル参謀長らは独自に7月25日に命令を出す。「原爆投下の準備に入れ・・・」と。

 私は元駐日大使グルーとスティムソン陸軍長官が日本のヨハンセン・グループと深く結ばれて、情報の交換をし続けていたとみるのである。ヨハンセン・グループというのは、「吉田反戦」という言葉から作られた、日本とアメリカを結ぶ秘密組織である。このグループの首魁は牧野伸顕、そして吉田茂と樺山愛輔の3人である。3人のほかに少数の人々の姿が見え隠れする。吉田茂は牧野伸顕の娘雪子と結婚した。ここでは、樺山愛輔(伯爵・貴族院議員)に注目してみよう。
 
秩父宮妃・勢津子の『銀のボンボニエール』には樺山家と秩父宮の深い関係が書かれている。秩父宮妃・勢津子の父は★松平恒雄である。彼は自分から認めた★フリー・メーソン会員である。
 この松平恒雄と樺山愛輔は古い友人である。樺山愛輔の父は★樺山資輔(元台湾総督)。ヨハンセン・グループの使者は、グルー元アメリカ大使と商売の面でも結ばれていた。樺出資輔はJ・P・モルガンのラモント(ロスチャイルド財閥からモルガンヘ派遣された支配人)と親しく、J・P・モルガンの血族の一人がグルー元大使である。グルーはアメリカ大使であると同時に、隠れた政府の一員であった、というわけである。

さて、★樺山愛輔は貞明皇后と深い関係にある。貞明皇后が松平恒雄の娘勢津子を見染め、秩父宮の妃とした。これには深い因縁がある。
貞明皇后は自分の過去を知る長州閥を憎悪していた。それゆえ、会津の松平恒雄の娘を秩父宮妃に迎えた。
 もう一人、油断のならない人物がいる。樺山愛輔の娘正子は★白州次郎と結婚している。秩父宮勢津子と樺山愛輔の娘正子は学習院初等科時代からの親友である。白州次郎はかくて必然的にヨハンセン・グループの一員となる。白州次郎は欧米で、どうやって生活していたのか?

彼はユダヤ財閥のウオーバーグから生活の糧をもらって生きてきた過去を隠しに、隠し続けた男だ。モルガンとウオーバーグの手下が、ヨハンセン・グループにいた。

ヨハンセン・グループに近い一人に関屋貞三郎がいる。411頁を参照してほしい。島津治子の霊視の中の一つに「大正天皇の侍従の死霊―皇后の御相手-八郎氏。関屋次官の談、九条家より質ね(たずね)らる云々」とある人物である。
 この関屋貞三郎もクリスチャン。樺山愛輔もクリスチャン。彼らは貞明皇后と深く結びついている。
 
私がいわんとするのは、彼らが、牧野伸顕(元内大臣)、吉田茂(元外務次官)を含めて、ヨハンセン・グループの秘密名で、太平洋戦争開戦の翌年(1942年)の6月にグルー大使がアメリカに帰国するまで情報を流していたということである。そして、グルーが国務次官になった後も、このルートが守られていた可能性大である。それゆえ、原爆が「天佑」となる時にちょうど落ちたのではないか、ということである。太平洋戦争が始まった後に、すでに和平交渉が宮中と重臣たちのルート(ヨハンセン・グループ)により行なわれていた可能性がある。
 従って、このグループに参加した人々はすべて、なぜか戦犯に指定されていない。牧野伸顕、吉田茂、樺山愛輔、岡田啓介元首相、米内光政元首相たちである。
 さて、もう一度、ガー・アルペロビッツの『原爆投下の決断の内幕』を見ることにする。

 実際、6月18日には、スティムソン陸軍長官、フォレスタル海軍長官、グルー国務長官代行、レイヒ提督、そして、マクロイ陸軍次官補がそろって早期の声明を勧告していた。スティムソンは6月18日の大統頷との会談でこんな言い方をしている。
 「日本には知られざる多くの人々かおり、このグループは現在の戦争を支持していないが、その意見と影響力が日の目を見たことがないというのが、彼の意見だった。このグループは自分の足元を攻撃されれば反抗し、粘り強く戦うだろうと、彼は感じていた。彼らと正面からぶつかりあうことが必要になる前に、彼らをたきつけ、持てる影響力を行使させるべく何かをすべきだと彼は考えていた」
 
この文中の「彼」とはグルー国務長官代行(一般に国務次官)であろう。グルーとヨハンセン・グループが原爆投下を目前にして、活発に意見を交換している姿が見えてくる。グルーとどのような交渉をしていたのか? スティムソンは参考にすべきことを語っているではないか。
 「彼らをたきつけ、持てる影響力を行使させる」
 トルーマンはルーズヴェルト大統領が突然死去して大統領になって日が浅いので、原爆の存在すら知らされていなかった。このスティムソンの発言の意味するところを理解したかどうかも疑問である。
 ヨハンセン・グループは原爆投下の直前まで、グルーを通じてアメリカの最高の実力者の一人、スティムソン陸軍長官と通じていた。7月25日、原爆投下の準備に入ったことは問違いのない事実である。しかし、その前に、スティムソン陸軍長官らは前もってヨハンセン・グループに原爆投下の概要を教えていたものと思われる。
 
それを暗示するものが、『木戸幸一日記』の中に見られる。昭和20年6月8日の日記は最後に、「以上は余個人の意思にして、固より余の気持を率直に示し、根本の重大要件のみを掲げたるに過ぎず。交渉条件等は更に各方面の専門家を待って整正するの要あるは勿論とす」と書いている。★ある書類がアメリカから送られてきた。それが交渉条件等であろう。ヨハンセン・グループの存在が見え隠れするのである。その一部を引用する。

 敵側の所謂和平攻勢的の諸発表論文により之を見るに、我国の所謂軍閥打倒を以て其の主要目的となすは略確実なり。従って軍部より和平を提唱し、政府之によりて策案を決定し、交渉を開始するを正道なりと信ずるも、我国の現状より見て今日の段階に於ては殆ど不可能なるのみならず、此の機運の熟するを俟たんか・・・
 天皇陛下の御勇断を御願ひ申上げ、右の方針により戦局の収拾に邁進するの外なしと信ず。
 
この木戸の日記は悲情感に満ちている。6月の初旬に、ヨハンセン・グループを通じ、スティムソン陸軍長官からの「原爆投下計画書」が届いたものと思われる。それを裏付ける資料を提供する。その一つを、河原敏明の『天皇裕仁の昭和史』から引用する。

 6月14日、天皇は皇后とお揃いで赤坂の大宮御所(御文庫)に足を運んだ。〔昭和〕20年に入ってから、皇后は毎月一度の割で皇太后を訪ねて姑宮を見舞い、疎開をすすめてきたのだが、この日は天皇自身、最後の説得に訪れたのだった。
 延々一時間以上言葉をつくしたのだが、相変らず皇太后は頑なに断りつづけた。天皇は還奉後、木戸らに、
 「おたかさまは、分って下さらなかった」
 とひとこと、肩を落してつぶやいた。これまでも、疎開をすすめられたたび、
 「そのあと、大宮さまのご機嫌が大変悪かったものです」(旧側近)
 というほどで、なぜにかくまでも疎開を嫌ったのかは謎である。『木戸日記』の「右は極めて機微なる問題ゆえ・・」が何を指すのか、これまで私や各社の記者が多くの側近にただしているが、固く口を閉ざすばかりである。〔略〕
 天皇の直接説得にもがえんじなかった皇太后が、その数日後に、急転直下、疎開を承諾するに至ったのは、これまた謎という他はない。
 「文芸春秋」(2005年2月号)の「総力特集1945年-昭和天皇ご聖断へ『謎の静養』」」を見ることにする。半藤一利、保坂正康、宮沢喜一の三人による座談である。この中で半藤一利は次のように語っている。

半藤 そして6月14日の午前中、昭和天皇は母の貞明皇太后を訪ねています。いよいよ本土決戦となったときには、東京を離れ、軽井沢に避難していただきたい、とお願いするんですね。―ところが貞明皇太后は、東京を離れないと拒否された。これは、昭和天皇にとって相当ショツクだったのか、その日の午後から15日いっぱい、16年の開戦以来、ただの一日も政務をお休みにならなかった天皇陛下が初めて表御座所から下がられて、床に就いてしまうのです。
 16日に執務に復帰してから先、昭和天皇のご発言は、和平実現推進で一貫しています。20日、木戸幸一を呼び、終戦ということを考えてはどうか、と言われる。それを聞いた木戸は、大変に結構なお話です、と鈴木首相と東郷茂徳外相を呼びます。しかし、和平に乗り出すとなると、徹底抗戦を決めた8日の御前会議の国策決定を覆さなくてはならない。〔略〕

保坂 確かに6月に入って、広田弘毅元外相とソ連のマリク駐日大使の会談が行なわれ、22日以降は、東郷外相を中心としてソ連を仲介者とする和平工作に取り組むなど、複数の終戦工作が展開されますね。
 
「謎の静養」とは何かを、半藤一利(作家)も保坂正康(評論家)もまるで追求しない。ただ、静養したとのみ書くだけである。

 こんな現代史を読まされていると、読んだ人はみな、考えない人間になってしまう。この二人は、日本現代史が世界史の中の一つのもつれた歴史であることを理解できていない。日本の現代史を知ろうとすれば、どうしても世界の秘密組織に眼をやり、そこから、日本を見る以外にないのである。彼ら二人は、ヨハンセン・グループの動きも、このグループを操るグルーを支えるスティムソン陸軍長官の勣きも全く見ていない。否、知ろうとさえしていない。あえて書くなら、その方面の知識も全くないと見た。

   続く
 


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/388-89e30e68



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。