カウンター 読書日記 東大全共闘1968ー1969
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東大全共闘1968ー1969
                       東大工学部列品館_1
 
                       <工学部列品館>
 
 東大当局は、とくに大河内総長が退陣し、加藤一郎が総長代行となっていわゆる加藤執行部ができてからは情宣の重要性を自覚したようで、「弘報委員会」を作り『学内弘報』を発行-ときに乱発-するようになった。1969年1月18・19両日の機動隊による大弾圧ののち、東大当局はそれを編集して『東大問題資料』として出版したが、そのさいかなり手を加え、改竄し、なりふり構わず全共闘を弾圧した経過を隠蔽して正当化している。
 たとえば、69年1月15日の深夜、東大当局は学外つまりマスコミ向けに、「見解」なるものを発行したが、それには「15日夜には、・・・つぎのような重視すべき動きがみられた。・・
②劇薬、燃料などの危険物や工事現場からの機材強奪が行われ、安田講堂を中心に大量に貯蔵された。・・」と断定されている。そして翌16日からマスコミはいっせいに安田講堂には「爆薬のニトログリセリン」から、はては「青酸化合物」までが待ち込まれているというキャンペーンを始めた。こうして東大当局とマスコミの二人三脚で18日に機動隊を導入する布石が打たれていった。8500名の機動隊が18日と19日に2日がかりで安田講堂とその他の建物を襲撃し学生を大量に負傷させ逮捕した直後の東大の『学内弘報』は、(16日には)火焔ビンのみならず、ダイナマイトや、さらにニトロ系化合物などの持ち込みも噂され・・」と記すことで、弾圧の正当化を図ろうとしている。しかしもちろん安田講堂に踏み込んだ機動隊は劇薬もニトログリセリンも青酸化合物も見いだすことができなかったのであり、東大当局は、のちに『東大問題資料』を編集したとき、「劇薬の強奪と貯蔵」を断定したこの15日夜の「見解」を収録せず、弘報の「ダイナマイトとニトロ系化合物の持ち込みの噂」を記した16日の箇所をこっそり削除し書き直している(くわしくは折原浩著『東京大学』p.345)。

 大量破壊兵器を所持しているというデマでイラクを攻撃したブッシュのやり□とそっくりだが、後になってこっそり隠蔽している東大当局はより一層姑息である。
 したがって、私たち「68・69を記録する会」が作成した『東大闘争資料集』全23巻のみが、東大闘争の信用しうる唯一の文書資料であり史料である。これとやはり「68・69を記録する会」で作った映像資料のマスターテープ、そして今回の渡辺眸さんの写真集が、私たちの残すことのできた東大闘争アーカイブと言えよう。・・・

 東大闘争そのものについてここで詳しく立ち入って語る余裕はないが、当局の文書について触れたので、それがどういうものか、一つだけ挙げておこう。

 ●医学部の闘争は、それまでの卒業後・研修制度であったインターン制度の廃止を求める全国的な闘いとして1965年に始まっていた。現実にはインターン制度は、営利主義に貫かれた国公立病院の医療労働力不足を補うためのものでしかなく、教育とはほど遠いものであった。これにたいして医学部の卒業生たちは青年医師連合(通称「青医連」)を結成し、闘いは67年春には全国の9割近くの卒業生が国家試験をボイコットするまでに発展していった。その年、東大医学部の学生と卒業生は無期限ストライキで闘い、卒後研修を青医連東大支部との話し合いにもとづいて実施するべきことを東大病院当局に認めさせたのである。これは「第一次研修協約闘争」と言われている。
 
 これに危機感をつのらせた厚生省は、インターン制度に代るものとして、正規の研修を受けた者のみを登録医とする医師法改正案を国会に提出した。これはインターン制度の欠陥を残したまま、実質的にインターン制度を2年に延長し、しかも医師内部に差別と分断を持ち込むもので、これに対する全国の医学生の闘いの一環として、68年1月からの東大医学部の無期限ストライキがあった。その闘争はまた、「第二次研修協約闘争」と言われているように、前年にひきつづいて青医連を協約団体として認めさせる闘いでもあった。
 
 他方で医学部当局は、登録医制をめぐる学生との討論にも応じないばかりか、厚生省と結託して医師法改正に狂奔していた。医学部教授会は前年の「話し合い」路線を否定的に総括し、ストライキに強圧的な態度でのぞみ、闘争圧殺の機会をねらっていたのである。かくして医学部教授会と東大当局は、ストライキの過程で生じた学生と医局員の些細なトラブルー「春見事件」-を口実に、活動家を狙い撃ちする形で多数の学生と研修生を処分した。68年3月である。処分は露骨に闘争体制を切り崩すためのもので、しかも研修生や学生たちからの事情聴取もなくおこなわれた一方的なものであった。
 
 そのとき、「事件に参加し積極的に行動した」という「処分理由」で処分された者のなかに当日、久留米大にいて「事件」現場にいなかった学生、粒良君が含まれていた。
 久留米で粒良君に会っていた久留米大の学生はその旨の声明を発し、医学部の良心的な二人の講師・高橋光正・原田憲一の両氏はすぐに久留米に足を運んで粒良君が立ち回ったと語っている先を訪ね、粒良君と確認できる人物がたしかに当日久留米にいたとのいくつもの証言を得てきた。あらためて事情聴取された粒良君本人も、もちろんそのことを明言している。にもかかわらず医学部教授会は自分たちの誤りを認めようとはしなかった。
 
 医学部の学生は粒良君の問題だけではなく、処分全体が正当な要求をかかげた闘争を押し潰すことを目的としたもので不当であるとの立場で全員の処分の撤回を要求していた。そして6月20日に機動隊導入に抗議し不当処分の撤回を要求して全学から6千の学生や大学院生が結集したのを見て、大学当局は姑息に粒良君の問題だけを切り離して処理することを考えた。かくして医学部長は、同月28日の「総長会見」の日に、この問題について「談話」を公表した。それは「春見事件」については「医学部は事件直後から調査を重ね」と始まり、粒良君の問題について教授会の側には「当人が現場にいたと信ずるにたる根拠があった」と断言した上で、次のように結ばれている。

 この〔本人からの〕事情聴取の内容および、高橋、原田両講師の調査文書の示すところと、医学部の証拠とするところとは全く相容れないため、医学部は特別委員会を設置して慎重に検討し、公正な最終判定に達することに努めた。
 最近、この特別委員会は、その調査結果に基づき、粒良君が事件当時九州に居たということも、また事件現場にいなかったということも、明らかにできなかったと医学部教授会に報告した。すなわち医学部はその努力にもかかわらず現在の客観情勢では上記の矛盾を解明することができないと結論せざるをえないこととなった。
 
 そもそも大学においては、教官と学生の信頼関係が最も尊重されるべきものであると思う。粒良君が事情聴取の間、教官への信頼感をもって自己の行動について述べ、良心にしたがって現場にいなかったことを主張している点は強く認識されねばならない。
 このような立場から医学部としては、粒良君の処分を発表以前の状態にまで還元するのが妥当と判断し、そのような決定案を評議会に提出して同意を得た次第である。
 
 一見「白でもなく、黒でもなく」判断できないと言っているようであるが、よく読むと「九州に居たこと(白)も事件現場に居なかったこと(白)も明らかでない」、すなわち「白でもない、白でもない」と粒良君の申し立てを全否定し、他方では証拠も示さずに「当人が現場にいたと信ずるにたる根拠があった」つまり「黒」だと断定しているのだ。ようするに粒良は嘘をついているが、この際処分はなかったことにしてやる、というわけである。過誤をおかし、それゆえ謝罪しなければならないはずの教授会が、まるで慈悲をたれているかのように高みから恩着せがましく言うことによって、自分たちの責任を回避しようとしている。これほどひどい話はない。「教官と学生の信頼関係」が聞いてあきれる。
 
 ★10年ほど前、テレビで東大闘争の回顧のような番組をやっていた。そのとき、当時の医学部教授会メンバーが、本当のところ医学部教授会は粒良氏の問題については、彼が現場にいなかったことを知っていたのでしょう、どうして認めなかったのですか、とのアナウンサーの質問にたいして、「それを公に認めてしまうと教授会は責任を問われることになるからだ」と言下に答えた  場面が映されていた。彼らは自分たちの保身のために、白を黒と言い含め、学生の人権を踏みにじったのである。
 
 ちなみに、普段は教壇から立派な法理論を講じている法学部の教授で、このひどい文書を批判した者は1人もいない。こういう連中が医師の卵を教育し、法を説いているのかと思うと、本当におぞましく思われた。全学の学生たちが憤った背景には、医学部の処分や機動隊導入の不当性だけではなく、この問題をめぐる話し合いの過程で眼にした、自分たちの学部の教授たちのあまりにも無責任で無知で、そのくせ恥知らずで強圧的な言動があった。
 
 ●そして6月28日の「総長(大河内)会見」で総長が学生の批判に答えることなく30分の休憩を宣言し退場したまま逃亡(トンズラ)した後、私たちは抗議の意志をこめて安田講堂内部に座り込みを始め、7月1日夜の数時間の緊迫した議論を経て、翌2日、安田講堂内にあった大学本部を封鎖し、戦う意志のあるすべての学生・院生・職員に安田講堂を解放した。かくして、安田講堂のバリケードは★解放空間を創り出し、他大学の学生や高校生そして市民にも解放されたのである。
 私にとっては、安田講堂の座り込みは、東大闘争を5年さかのぼる1963年の処分撤回闘争の延長でもあった。
 
 はじまりは、1962年の大学管理法反対闘争である。その時、池田内閣は、学生運動の牽引によって広がり高揚した「六〇年安保闘争」にたいする権力側の総括として学生管理の強化を画策した。しかしこの大学管理法案は学生管理の強化とともに、大学における研究体制の合理化をも意図したもので、それはボス数授たちの既得権に抵触しかねない内容をもち、教授層にも反発は広がっていた。それゆえ国立大学協会の会長でもあった東大総長・茅誠司(かや・せいじ)は、文部省と取引し、学生の管理強化-学生運動の取り締まり-を大学自身の手でおこなうことと引き換えに大学管理法の取り下げを認めさせたのである。大学としてのその証が、1962年11月と翌63年1月の東大における学生活動家の大量処分であった。東大闘争時に「国大協自主規制路線」と言われたものの最初の発動である。

 立花隆の『天皇と東大』には、明治以来の東大を中心とする日本の国立大学について「学長は文部行政の末端機構そのものとなっており、権力に対して大学を代表する者というより、権力を代表して大学を監視し秩序保待につとめる者となっていた」玉巻乙谷とあるが、それは戦後の新憲法になっても変わらなかったのだ。そしてその役割を率先して担ってきたのが、国立大学協会会長としての東大総長であった。
 1962年11月30日の大学管理法案粉砕全部学生総決起集会は、東大安田講堂前で全都五千の学生の結集で開催されたが、それは国立大学協会と全国の学生の対立関係を明確に捉え、暴き出すことになった。その闘争を指揮し、そのことのゆえに処分されたのが、69年1月の安田講堂防衛隊長で62年の東大全学自治会中央委員会議長であった故・今井澄(きよし)君であった。
 
 2002年9月8日、私は長野県・茅野で行われた今井澄君の追悼会で次のように語った。
 
 東大闘争の意義の一つは、それまでの東大の学生運動が法案の上程や条約の締結をめぐり街頭行動で国会に圧力をかけてゆく運動に終始していたが、ここではじめて、「帝大解体」を言うことによって、社会的に構造化された権力機構に自分たちのいる場で抗ってゆくという形の運動を展開したことにある。

 それは、63年の処分撤回闘争で始まっていたのである。その処分撤回闘争を、私は何人かの友人と1963年3月まで、安田講堂前の座り込みで戦ったが、最終的に入試の前日に暴力的につぶされた。


 1968年7月に始まる本部封鎖・講堂解放のバリケード闘争は、63年の処分撤回闘争の総括でもあれば、その延長でもあった。私たちはバリケード空間を創り出すことで、63年の闘争を飛躍させたと思っている。1968年7月2日夜の本部封鎖実行委員会に結集した学生や大学院生は総数わずか百数十人であったが、9月までその闘争を維持しきることによって、多くの学生の支持を得ることになり、それが秋の全学無期限ストライキ体制の確立をもたらすことになった。バリケード空間は、恒常的に大学当局との緊張関係を作り出すとともに、学生のそれまでになかった★新しい連帯の場を創出したのである。
 
 いや、それは東大の学生にたいしてだけではない。厳しい弾圧下にあった日大全共闘は68年11月に東大に登場し、12月には安田講堂で集会を開いている。私はこのことだけでも、安田講堂を解放した意義があったとさえ思っている。日大闘争は、1968年5月、大学当局(古田理事長)の20億円におよぶ使途不明金―いまなら百億を超えるーにたいする学生の怒りに始まった。時の最高権力者佐藤栄作と密接に結びついた日本大学の暴力的支配体制に正面から立ち向かったこの日大闘争こそは、学生大衆のもっている正義感と潜在能力を最大限に発揮せしめた日本の近代史上の最高の学生運動であり、最大規模のそしてもっとも過酷な学園闘争であった。私たちは日大全共闘の闘いから多くのことを教わり、日大全共闘の諸君から多大な支援を得たのである。
 そして半年に及ぶバリケード戦は、処分と機動隊導入に端を発する闘いが、各人の行っている学問と大学の批判へと高められてゆく過程であった。
   

 ●ともあれ、話を戻すと、今後、東大闘争については、たとえ批判的な立場からであれ、私たちの作り上げたこのアーカイブを無視して何かを語り主張することはできないであろう。私は現在、科学史の研究に携わっているが、一次資料への準拠は歴史学の原則である。
 闘争主体の手によるアーカイブの作成の意義として、チェコの作家ミラン・クンデラの語った「権力にたいする人間の闘いとは忘却にたいする記憶の闘いにほかならない」という言葉(集英社『笑いと忘却の書』より)を挙げるのは、いささかカツコよすぎて照れくさくもあるが、しかし核心を突いている。ミラン・クンデラといってもピンとこないかもしれないが、映画にもなった『存在の耐えられない軽さ』の著者だと言えば思いあたるであろう。チェコスロバキア共産党を除名され、「プラハの春」と呼ばれたチェコ人民の闘いが1968年8月に20万のワルシャワ条約機構軍(事実上ソヴィエト連邦軍)によって弾圧されたのち、フランスに亡命した小説家である。

 話をそのまま脱線させると、私はソ連軍がチェコに侵攻した68年8月20日の翌日、晴れた暑い日だったが何人かの大学院生の諸君とともに安田講堂のバリケードから狸穴(まみあな)にあるソ連大使館に抗議行動に出撃したのを覚えている。7月2日に私たちが安田講堂を占拠してからすでに50日以上経っていたが、夏休み中にもかかわらずこのようなフットワークで即座に抗議行動を起こせたのは、言うまでもなく、バリケードの作り出した解放空間が日常的な闘争体制を支えていたからであった。実際、その年の10月8日の米軍燃料タンク車輸送阻止闘争に千名の、さらには10月21日の国際反戦デーの闘争に三千を超える人数のデモが本郷から出撃したが、それは安田講堂を中心とする東大全共闘のバリケード闘争があったからこそであった。

 1968年秋の東大全学無期限ストライキ闘争がその時点での東大内の反戦闘争の高揚におおきく貢献していたことは、これまであまり語られたことはないが、このように一言指摘しておきたい。そして渡辺眸さんの写真は、その情況をも臨場感あふれる絵で切り取り、今に残している。しかし彼女の写真は、そのような闘争の激しい戦闘的場面だけではなく、むしろ★解放空間としてのバリケード空間の日常を克明に写し撮っていることによって、事件性の高い図像のみを追いかけるマスコミの報道カメラマンが外部から撮ったものと決定的に異なり、より以上に貴重なものになっている。
 
 渡辺眸さんが自宅の押入れから発掘し、自分の手で焼直した過去の写真によって、東大闘争の現実があらためて多くの人たちに明かされることを願っている。 (2007年8月)
   (完)


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
Re: 医学生史の参考になった、多謝。
> インターン闘争は文中の1965年からではなくGHQによる押し付けから始まります。

>>ご指摘ありがとうございます。

【2013/04/25 12:54】 URL | ひろもと #- [ 編集]

医学生史の参考になった、多謝。
読みやすい文章ですね。
インターン闘争は文中の1965年からではなくGHQによる押し付けから始まります。

私は今、医学連の正史を書いています。
参考になりました。

下司 孝之@下司病院理事長
【2013/04/19 23:27】 URL | 下司 孝之 #3cXgguLU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/371-92077d01



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。