カウンター 読書日記 『小泉純一郎と日本の病理』 藤原肇
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『小泉純一郎と日本の病理』 藤原肇
 お約束どおり、今回は前回記事のタイトル「 二つの暴言と小泉の婦女暴行疑惑 」
 
 に関して小泉についての「記憶」を確認しておきます。

 寄り道になりますが、決して無意味ではないでしょう。

 少し、長くなります。



 第2章 隠された過去 Hidden History

 首相就任前に行った対談で危惧したこと

 小泉純一郎政権Koizumi administration が事実上誕生したのは、2001年4月24日の午後1時過ぎのことである。 このとき、小泉は298票を獲得して、対立候補oPPosing candidates の橋本龍太郎(155票)、麻生太郎(31票)を大差で破りwins by a sizablePlurality、自民党総裁に選出された。そして、2目後の4月26日に第87代内閣総理大臣に就任beeome the 87th Prime minister したのだった。
 実は、彼が首相になる直前の2001年4月14日に、私は北海道大学大学院の法学研究所の新川俊光教授と対談を行っている。この対談は、危機にある日本の政治を憂えてのものだったが、その中で首相になる前の小泉について触れているので、まず、その部分を読んでいただきたい(この対談は、「日本の政治を再生する法」と題して経済誌『財界にっぽん8月号』に掲載した)。

新川: 甘い見方かも知れませんが、希望を込めて言えば、小泉首相が誕生したら、少しは日本の政治が変わるのではという感じを持っています。場合によっては、自民党を割るぐらいの気持ちで改革に取り組んでほしいと思います。
藤原: 彼に課せられた使命は、自民党を潰すことではなく、森政権を支えた張本人だったので、日本を潰すことだとアメリカで は見ています。日本人は誰も知らないが、アメリカでは彼は “隠れ統一教会”と見られています。5,6前のデータですが、統一教会がアメリカの大学を出た優秀な連中を400人ほど、自民党の議員秘書に送り込んでいます。つまり、ここ数年、表面的には自民党政治が行われていたのですが、裏では統一教会が動いています。そこへ公明党が連立を組んでいる。これは私だけの見方ではなく、日本にいる外国人特派員たちの見方でもあります。
新川: そうですか。小泉さんには少しは日本の政治を改革する役割を果たしてくれるのではないかと、期待しているのですが・・・。
藤原: 自民党を解体する役割ならいいのですが、本人が意識するしないにかかわらず、日本を解体する役割を担わされているとしたら、これは恐ろしいことです。私は現在の日本の状況がマックス・ウェーバーの定義する、「パーリア・キャピタリズム (賎民資本主義)Pariah capitalism」だと思っています。 ここで言う賎民とは、社会の中に寄生して社会を食い物にする人たちのことです。あらゆる党利党略を使って利権を漁っている日本 の政治の姿は、「賎民資本主義」という概念に収斂していくのです。
新川: 困りましたね(笑)。
藤原:孟子はいわゆる愚民政治を含めて、国民のことを考えない、
人民を愛さない政治を「暴政」と定義しています。孔子も「苛 政は虎より恐ろしい」と、暴政を戒めています。日本は長らく愚民政治が続いてきて、パンとサーカス、つまり食い物と娯楽に人々がうつつを抜かしている。日本の「賎民資本主義」は「歌舞伎町資本主義」と言ってもいい(笑)。
新川: 藤原さんがおっしゃる「賎民資本主義」は、利益誘導を軸にする自民党政治そのものです。現在、自民党では、政策より 派閥的な利益誘導に関心のある人たちが派閥の指導層になって います。 しかし、長野県知事にしろ、千葉県知事にしろ、最近 は利益誘導に関係のない人が、知事に選ばれています。これは有権者の考え方が変わってきているということです。自民党はこの時代の流れと乖離しています。国政レベルでその時代の流れを取り入れようとしている政党は、残念ながら、今のところ見当たりません。
藤原: ジャーナリズムも自民党総裁選の予想をやるより、もっと国民に意思表示を呼びかけるべきです。場合によっては、デモを呼びかけてもいい。投票所に足を運ぶことだけが民主主義だと思っているとしたら、大きな間違いです。
新川: 日本はメディアを含めて、「観客民主主義」になっています。
政治自体がサーカスになっていて、国民やメディアが観客の立場にいる。国民やメディアが観客の立場にいる限り、目本の政治は変わりません。ですから私は有権者に、「せめて選挙には行ってくれ」と言いたいわけです(笑)。〉

●私の頭に蘇った30年前の留学生の記憶

 今でも覚えているが、この時点の私は小泉が首相になるとは、夢にも思っていなかった。だから、新川教授が首相候補の1人として彼に言及したので、このように答えたのである。
 私にあった知識は、小泉純一郎という政治家が、岸信介や福田赳夫の流れで、「親韓国右派」あるいは、「隠れ統一教会派」 の一部として、世界でナチスとイコールで「ムーニー」と呼ばれていた右派ではないかということだった。 もちろん、森派の代表として森内閣を支えてきたぐらいの知識はあったが、それよりも国粋的な旧守勢力の台頭に危惧を抱いていており、「暴政」という観点から、日本を支配する「賎民資本主義」について心を痛めていたのである。
 この「賎民資本主義」については第3章で論じるとして、この後、私の頭に古い記憶が突如蘇ったことを先に書かなければならない。
 そして、この古い記憶が、小泉という人物の1人の人間としての考察へと、私の興味を向かわせたからである。それは小泉が首相になってから数日して読んだ新聞記事に、彼の「横顔」が載っていたからだった。
 その新聞記事には、小泉新首相は30年前にロンドン大学に留学した経験があり、父親が防衛庁長官という政治家一家に育ったということが書いてあった。「ロンドン大学留学」「父は防衛庁長官」。私はこの2つの言葉にピンと来るものを感じたのだ。
 そして、もしやと思い、自分のフランス留学時代の記憶をたどってみた。当時の私はグルノーブルで学位論文を仕上げながら、パリの三井物産で資源開発の顧問の仕事をしていたが、あるときロンドンから来た人が、こんな話をしてくれたことがある。
 
 ★「日本から来ている留学生にとんでもないのがいる。慶応の学生だが日本で婦女暴行で捕まり、そのほとぼりが冷めるまでこっちにいるというのだ。なんでも、父親は二流の官庁の長官をしているので、警察には睨みが利いたらしい。それで事件をもみ消して、息子をこっちに寄こしたというんだ」

 この言葉が蘇ってきたときに私は直感で、これは小泉純一郎に違いないと思った。年代もピタリと一致するし、海外に出る理由として婦女暴行などという容疑はそうそうあるものではないからだ。
 本書を読む読者諸賢なら、すでにご存知と思うが、小泉の「留学疑惑」と「レイプ疑惑」は2004年になってから注目を集めた。ただ、「レイプ疑惑」の方は、国会質問でもいちおうは取り上げられ、東京地裁で民事訴訟になったにもかかわらず、大手マスコミはまったく報道 しなかった。これは、森前首相でさえ問われた首相の人間的資質の問題なのに、国民的な関心をほとんど呼び起こさなかった。
 しかし、「留学疑惑」と「レイプ疑惑」は関連する一連の出来事であり、たとえ30年前の出来事であるにしても、メディアはこれを追及する義務があるはずだ。
 そこで、本章では第1章で明らかにした「小泉家三代の系譜」を踏まえたうえで、小泉純一郎個人の人間として資質を問い、また、このような人物を生み出した現在の小泉家の状況を検証することにする。

 
  ●「新橋芸者・小はん自殺事件」への疑惑の目  へ続きます。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/353-a1dc95ed

馬鹿は本物だった!

小泉純一郎 アホな白人に媚びの踊りを披露するだけの単なる馬鹿ではなかった。 奴は婦女暴行までしてやがった本物の馬鹿野郎だったらしい。 音楽とBKKと江戸【2013/03/05 01:04】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。