カウンター 読書日記 福祉怠(大)国・北九州市
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福祉怠(大)国・北九州市
 ●生活保護監査 北九州市の対応不適切 
  厚労省が見直し求める

  12月11日17時9分配信 西日本新聞


 北九州市は11日、生活保護を受給できずに生活困窮者が相次ぎ孤独死した問題で、厚生労働省から受けた生活保護行政監査の結果を発表した。厚労省は「真に急迫する者を漏れなく救済できる連絡体制の確保を検討すること」などと見直しを求め、きめ細かい対応が同市に欠如していたと厳しく批判した。

 監査結果では(1)水道を止めても、生活保護を担当する福祉事務所に連絡が行き届いていない(2)「辞退届」で保護を廃止する場合には自立のめどを確認すべきだ(3)住所が分からないことだけでホームレスに「保護要件を満たしてない」と誤った説明をしている(4)生活実態の把握が不十分で必要な指導援助が行われていない‐ことを指摘した。

 同市の三崎利彦保護課長は「かなり厳しい内容で、残念で悔しいが、一部で行き過ぎた面もあった。監査結果を真摯(しん し)に受け止めたい」と話した。

 北九州市では、2005年と06年に家族の扶養義務などを理由に生活保護の申請すらできずに男性が孤独死した事例や、生活保護を辞退した後に保護を打ち切られた男性が今年7月に孤独死していた問題が発覚。事態を重視した厚労省は10月末から11月にかけて、異例の特別態勢を組んで同市の行政対応に不適切な面がなかったかどうか点検していた。

=2007/12/11付 西日本新聞夕刊=
 


 ★ 放送予定
 NHKスペシャル 「ワーキングプア3・解決への道」
12月16日(日) 21:15~22:35 NHK総合 Gコード(6880581)




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/343-b8fe8532



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。