カウンター 読書日記 ●吉薗周蔵の手記・11-(3)
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●吉薗周蔵の手記・11-(3)

●吉薗周蔵の手記・11-(3)

★満洲の需要を外国資本から守るべく「東亜煙草」設立

鈴木商店のついでに東亜煙草について述べるのは、「東亜煙草は上原閣下が作り、最終的には周蔵がオーナーになった」と吉薗家に伝わるからである。その前に日本の煙草専売史を要約すると、専売制以前の煙草産業を支えたのは大小さまざまな煙草業者で、大手では天狗煙草の岩谷商会(薩摩川内市出身の岩谷松平)と、そのライヴァルでアメリカ・タバコと提携した村井兄弟商会(村井吉兵衛)が知られ、関西にはダルマ堂があった。政府は明治30年に葉煙草専売法を公布、翌年施行し、36年になると「煙草専売制度理由及施行順序」を公表し、翌年には猛反対を押し切って煙草専売法を施行した。日露戦の軍費に充てるためである。38年には台湾にも煙草専売法を施行し、 専売局が製造・販売を行い、民業は輸出業務だけとなった。

 東亜煙草株式会社は、官煙の輪出・移出の特許に加え樺太全土の独占販売権を専売局から与えられた国策会社で、明治39年10月に創立、社長に佐々熊太郎が就任した。前年の日露戦争で日本の勢力圏となった満洲の煙草需要は大きかったが、BAT(英米煙草トラスト社)が前年に奉天工場を建設したことで内外業者による競争激化が予想された。専売局は、外国資本に対抗させるため、民製時代からの内地製煙草輸出業者を糾合して東亜煙草会社を設立せしめ、42年、同社に『朝日』『敷島』『ゴールデンバット』その他の官煙の製造を許可することとした。大正3年(1914)8月1日付の『京城日報』は「東亜煙草は朝鮮では巻煙草製造も行い、ソウルの製造所は建築広壮・設備完全で、職工3千人がいて、口つき両切り合計で日産5百万本を下らない。満洲でも各地に販売所を置き、英米煙草トラスト(BAT社)との角逐に備える」と報じている。

 明治39年、第四軍参謀長・上原少将は1月17日を以て満洲から凱旋、2月6日付で本官の陸軍工兵監に復し、4月1日には軍功により功二級金鵄勲章と年金千円を賜わり、6月20日付で陸軍軍制調査委員を命ぜられ、7月6日付で陸軍中将に進級し、翌年の8月から第二師団ほか数個の師団の特命検閲使属員として地方に出張する。後に軍政家として知られた上原も軍令系統にいて専売局管轄の国策会社の設立に関与する機会はありえない。つまり、「上原が東亜煙草を作った」とは創立でなく「育成した」意味と解するほかはない。

★東亜煙草社長室に飾られていた佐伯祐三の代表作 へ<続>。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/315-216c08b9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。