カウンター 読書日記 ジョン・ロールズ『正義の原理』に学ぶ。
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョン・ロールズ『正義の原理』に学ぶ。
                    20071019210109.jpg


★先ず、ウィキペディアを参照してみる。
 ジョン・ロールズ : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。
 (主著『正義論』についての項) 


 ●『正義論』(A Theory of Justcie)
<概要>
 人間が守るべき「正義」の根拠を探り、その正当性を論じたロールズの主著の一つ。1971年刊。この著で彼が展開した「正義」概念は、倫理学や政治哲学といった学問領域を越えて同時代の人々にきわめて広く大きな影響を与えることになった。それまで功利主義以外に有力な理論的基盤を持ち得なかった規範倫理学の範型となる理論を提示し、この書を基点にしてその後の政治哲学の論争が展開したという点で、20世紀の倫理学、政治哲学を代表する著作の一つということができよう。
<要旨>
 本書は3部構成であり、
 第1部で彼は、正義を論じる理由を明示した上で、非個人的な観点から望ましく実行可能な正義の原理を探究し、最終的に彼の考える「正義の二原理」を提出する。
 第2部では彼の正義論を現実の社会的諸制度、諸問題へ適用し、その実行可能性を明らかにしていく。
 第3部では、彼の正義概念は人間的な思考や感情と調和しており、「正しさ」と「善さ」とは矛盾するものでないことを説明することを通じて、理論的に導出された正義論が現実の人間的基盤を有している様相を明らかにしていく。ここでは第1部の彼の論述の要旨を示す。

 この書でロールズは、それまで倫理学を主に支配してきた功利主義に変わる理論として、民主主義を支える倫理的価値判断の源泉としての正義を中心に据えた理論を展開することを目指している。彼は正義を「相互利益を求める共同の冒険的企て」である社会の「諸制度がまずもって発揮すべき効能」だと定義した。
 そして社会活動によって生じる利益は分配される必要があるが、その際もっとも妥当で適切な分配の仕方を導く社会的取り決めが社会正義の諸原理になるとした。
 ここで彼は社会契約説を範にとってこの正義の原理を導出していく。まず正義の根拠を、自由かつ合理的な人々が、彼が「原初状態」と名付けた状態におかれる際に合意するであろう諸原理に求めた。この原初状態とは、集団の中の構成員が彼の言う★「無知のヴェール」に覆われた-すなわち自分と他者の能力や立場に関する知識は全く持っていない-状態である。このような状態で人は、他者に対する嫉妬や優越感を持つことなく合理的に選択するであろうと推測され、また誰しも同じ判断を下すことが期待される。そして人は、最悪の状態に陥ることを最大限回避しようとするはずであり、その結果次の二つの正義に関する原理が導き出されるとした。
 ●第一原理
 各人は基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない。
 ●第二原理
 社会的・経済的不平等は次の二条件を満たすものでなければならない。
 a)それらの不平等がもっとも不遇な立場にある人の利益を最大にすること。
 b)公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位に付随するものでしかないこと。
 
 第一原理は自由に関する原理である。彼は他者の自由を侵害しない限りにおいて自由は許容されるべきだと説き、基本的自由の権利-良心の自由、信教の自由、言論の自由、集会の自由などを含む-はあらゆる人に平等に分配されねばならないとした。
 ただここにおける自由とはいわゆる消極的自由を指示している。
 
 第二原理は、格差原理とも呼ばれるものである。彼は社会的格差の存在そのものは是認しつつも、そこに一定の制度的枠組みを設けることが必要と考えこの原理を設定した。自由以外の社会的な基本財をどのように分配するかを示すための原理である。

この正義の二原理は、「原初状態」や「無知のヴェール」といった概念を用いた思考実験から導出されているため現実から乖離したものになっている危険性がある。しかし、この原理が普通の人間の正義感覚と比較検討してもなお正当性を失わないことという「反照的均衡」という彼の方法論が妥当であること根拠として、この正義の二原理に実際的妥当性を付与している。
 ************
 

 *今回、主に参考にするのは、↑の写真の、
 現代思想の冒険者たちセレクトシリーズの一冊。
 『ロールズ・正義の原理』(川本隆史著 2005.12 講談社刊)です。 
 (*原著は1997年刊。)

 以下、この「川本・ロールズ」を読んでいきます。

 ★守屋前防衛次官にも是非お読みいただきましょうね。
 5年で140回も接待ゴルフの暇があるそうなので。
 もちろん、刑務所の中で、ですよ。
 食事も豪華に、「赤福」の食い放題といきましょうか。
 「しゃぶしゃぶ」なんて食い飽きたでしょうから。
 


 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/296-3581a2e9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。