カウンター 読書日記 *連休モードにのって
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*連休モードにのって
*世の連休モードにのって、こちらも久しぶりに軽いメモのお披露目といこう。
 いま、出版会の話題の人物の若き日の作品(フォークソングですよ)をどうぞ。題して「五年目のギター」

 さあ、どなたの作品か当ててみよう! はじまり、はじまり。

 ♪・・ある朝 ぼくは汽車にのった
  
 切符を買わずに汽車に乗った

 ぼくのギターを背負って

 この汽車に乗った

 五年前のギター 五年前のギター

 ♪・・汽車には 街がのってた

 汽車には 小さな時計がのってた

 ぼくは どこまでのったらいいかわからない

 ・・以下略・・

 *なお、作曲は今を、じゃなかった、その当時をときめく小室等氏。歌は六文銭(これも一世を風靡したグループ)。
 あの動乱の1969年の作品である。作詞者は当時25歳のはず。

 答えはしばらく伏せておこう。当時の時代風潮からすれば、まあ異色の歌と言えば言えるな。
 なお、同時期に「それから」という歌の作詞もあるが、同レベルなのでこれも、略す。 <続>

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/19-d2a69c7b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。