カウンター 読書日記 (続)南方熊楠の手紙
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(続)南方熊楠の手紙
 最後に熊楠大人に、いま<一節>うなっていただきましょう。 

  *************
 ・・・
 学問するものは愚人に知られずとて気に病むようでは学問は大成せずとて、貧弱な村に一生おって小学の教師の代用などした天主憎メンデルは、心静かに遺伝の研究をしていわゆる「メンデルの法則」を確定したるに、生前誰一人その名をさえ知らず、死後数年にしてたちまちダーウィソ以後の有力な学者と認められた。人の知る知らぬを気兼ねしては学問は大成せず、と言い放つところへ鶴見商務局長入り来たる。この日英皇太子入京にて、諸大臣大礼服で迎いにゆくとて大騒ぎなり。
・・・(そんな国事を前にしたときの話だと思うとなお興味は募る・・)

 痛いというのと痒い(かゆい)というのとは実は程度のちがいで、海綿の海に生ずるものは件の刺大なる故つくと痛む。しかるに、淡水に生ずる海綿は至って小さなもの故、その剌したがって微細で、それでつかれても痛みを感ぜず、鍋の尻につける鍋墨に火がついたごとくここに感じここに消えすること止まず。すなわちハシカなどにかかりしごとく温かくて諸処微細に痒くなり、そのかゆさが動きあるきて一定せず、いわゆる漆にかぶれたように感ずるなり。それを撫でるとまことに気持がよい。
 
 むかし男色を売る少年を仕込むにその肛門に山椒の粉を入れしも、かくのごとく痒くてならぬところを、金剛(男娼における妓丁のごときもの)が一物をつきこみなでまわして快く感ぜしめ、さてこのことを面白く感心ぜしむべく仕上げたるなり。ちょうどそのごとく、この淡水生海綿の微細なる刺をきわめて細かく粉砕し(もっとも貴女にはきわめて細かく、新造にはやや粗く、大年増には一層粗く、と精粗の別を要す)貯えおき、一儀にのぞみ、一件につけて行なうときは、恐ろしさも忘るるばかり痒くなる。(これをホメクという。ホメクとは熱を発して微細に痒くなり、その痒さが種々に移りあるくをいうなり)時分はよしとて「一上二下」、「三浅九深」の法を活用すると、女は万事夢中になり、妾悔ゆらくぱ生まれて今までこんなよいことを知らざりしことをと一生懸命に抱きつき、破れるばかりにすりつけもち上ぐるものなり、と説教すると、山本農相はもちろん鶴見局長も鼠色の涎(どんなよだれだろう)を流し、ハハハハハ、フウフウフウ、それはありがたいなどと感嘆やまず。初めの威勢どこへやら小生を御祖師さんの再来ごとく三拝九拝して、寄付帳はそこへおいて披下い(いらっしゃい)、いずれ差し上げましょう、まことにありがとうございました、と出口まで見送られた。

 それから十五日に山本氏より寄付金もらい、二十五日朝、岡崎邦輔氏を訪い寄付金千円申し受けた。そのとき右の惚れ薬の話せしに、僕にもくれぬかとのこと、君のは処女でないからむつかしいが何とか一勘弁して申し上げましょう、何分よろしく、今夜大阪へ下るから、かの地でも世話すべしとのことで別れ、旅館へ帰るとすぐさま書面で処女でない女にきく方法を認め、即達(速達)郵便で差し出した。
 
 それには山本農相など処女を好くようだが、処女というもの万事気詰まりで何の面白くもなきものなり。しかるに特にこれを好むは、その締まりがよきゆえなり。
 さて、もったいないが仏説を少々聴聞させよう。
 釈迦、菩提樹下に修業して、まさに成道せんとするとき、魔王波旬の宮殿震動し、また三十二の不祥の夢を見る。よって心大いに楽しまず、かくては魔道ついに仏のために壊らるべしと煥悩す。魔王の三女、姉は可愛い、既産婦の体を現じ、中は可喜、初嫁婦の体、妹は喜見と名づけ山本農相、専門の処女たり。この三女菩薩の処に現じ、ドジョウスクイを初め雑多の踊りをやらかし、ついに丸裸となりて戯れかかる。最初に処女の喜見が何としたって仏心動かず。次に中の可喜が昨夜初めて男に逢うた新婦の体で戯れかかると、釈尊もかつて妻との新枕を思い出し、少しく心動きかかる。次に新たに産をした体で年増女の可愛が戯れかかると、釈尊の心大いに動き、すでに仏成道をやめて抱きつこうかと思うたが、諸神の擁護で思いかえして無事なるを得た、とある。されば処女は顔相がよいのみで彼処には何たる妙味がなく、新婦には大分面白みがあるが、要するに三十四、五のは後光が射すと諺の通りで、やっと子を産んだのがもっとも勝れり。
 それは「誰が広うしたと女房小言いひ」とあるごとく、女は年をとるほど、また場数を経るほど彼処が広くなる。西洋人などはことに広くなり、吾輩のなんかを特って行くと、九段招魂社の大鳥井(靖国神社の大鳥居)のあいだでステッキ一本持ってふりまわすような、何の手ごたえのないようなのが多い。
 ゆえに西洋人はひとたび子を産むと、はや前からするも興味を覚えず、必ず後ろから取ること多し。これをラテン語で<VENUS AVERSA>という。シナでは<隔山取火>という。されど、子を生めば生むほど雑具が多くなり、あたかも烏賊が鰯をからみとり、たこが梃に吸いつき、また丁字型凸起で亀頭をモっとするように撫でまわす等の妙味あり。膣壁の敏感ますます鋭くなるゆえ、女の心地よさもまた一層で、あれそんなにされるともうもう気が遠くなります、以下略 と夢中になってうなり出すゆえ、盗賊の禦ぎ(ふせぎ)にもなる理屈なり。(ホントか?)・・・

 マックス・ノールドーの説に装飾は男女交会より起こるとあったようだが、南方大仙などはそこどころでなく、人倫の根底は夫婦の恩愛で、その夫婦の恩愛は、かの一儀の最中に、男は女の気をやるを見、女は男の気をやるを見る(仏経にはクキョウという)、たとえば天人に種々の階級あるが、いかな下等の天人もそれ相応の下等の天女を見てこれほどよい女はないと思うがごとく、平生はどんな面相でもあれ、その究竟(クキョウ)の際の顔をみるは夫妻の間に限る。それを感ずるの深き、忘れんとして忘られぬから、さてこそ美女も悪男に貞節を持し、好男も醜妻に飽かずに倫理が立って行くのだ。むかし深山を旅行するもの、荷持ちの山がつのおやじに「こんな山中に住んで何か面白いか」と問いしに、こんな不躾の身にも毎夜良妻の悦ぶ顔を見るを楽しみにこんなかせぎをすると言いしも同趣なり。されば年増女のよがる顔を見るほど極楽はなしと知らる。(「土佐源氏」を思い出す人も多いだろう)
 しかるに、右にいうごとくトンネルの広きには閉口だ。ここにおいて石榴(ザクロ)の根の皮の煎じ汁で洗うたり、いろいろしてその緊縮の強がらんことを望むが、それもその時だけで永くは続かず。

 ここに岡崎老の好みあるく大年増の彼処を処女同様に緊縮せしむる秘法がある。それは元の朝に真臘国へ使いした同達観の{『真臘風土記』に出ており。そのころ前後の支那の諺に、朝鮮より礼なるはなく、琉球より醇なるはなく、倭奴より狡なるはなく、真臘より富めるはなし、というた。真臘とは、今の後インドにあって仏国に属しおるカンボジア国だ。むかしは一廉(ひとかど)の開化あって、今もアンコール・ワットにその遺跡を見る、非常に富有な国だった。しかる故に支那よりおびただしく貿易にゆくが、ややもすれば留まって帰国せぬから支那の損となる。周達観、勅を遣わしてその理由を研究に出かけると、これはいかに、真朧国の女は畜生のごとく黒いそひな生れで、なかなかお眼どまりするような女はない。しかるにそれをシナ人が愛して、むかし庄内酒田港へ寄船した船頭はもうけただけ土地の娘の針箱に入れ上げたごとく、貿易の利益をことごとくその国の女に入れてしまう。故に何度往っても「お松おめこぱ釘貫きおめこ、股で挟んで金をとる」と来て、ことごとくはさみとられてしまい、財産を作って支那に還る者は少ない。

 かかる愚女のどこがよいかと調べると、大いにわけありで、このカンボジア国の女はいくつになってもいくら子を産んでも彼処は処女と異ならず、しめつける力ははるかにビン詰屋のコルク閉めに優れり。どうして左様かというと、この国の風として産をするとすぐ、熱くて手を焼くような飯をにぎり、彼処につめこむ。一口ものに手を焼くというが、これは「ぼぼを焼く」なり。さて少しでも冷えれば、また熱いやつを入れ替える。かくすること一昼夜すると、一件が処女同然にしまりよくなる。

 「なんと恐れ入ったか、汝邦輔、この授文を百拝して牢く秘中の秘とし、年増女を見るごとにまず飯を熱くたかせ、呼び寄せてつめかえやるべし、忘るるなかれ」と言いて即達郵便でおくりやりしに、大悦狂せんばかりで、いつか衆議院の控室でこのことを洩らし大騒ぎとなりし由。・・・以下略
 

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/151-480c9c2b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。