カウンター 読書日記 続・落合論文
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・落合論文
  吉薗周蔵手記(5)ー4

 *上原応援団は高島鞆之助、
  野津道貫、そして樺出資紀
 


  上原勇作応援団は、日清戦争で偉勲を挙げた台湾総督の樺山・第一軍司令官の野津・参謀次長の川上に台湾副総督の高島を加えた薩摩将官四人組であるが、そのうち川上を除く3人は濃い血縁で結ばれていた。
高島鞆之助は、天保15年(1844)11月9日、薩摩藩士・高島嘉兵衛の第四子に生まれ、藩校造志館に学び奥小姓となる。文久2年(1862)島津久光に従い京に上り、禁裏守衛に当たるが、この時京の薩摩藩邸で女中頭のギンヅルと出会った。すなわち上原勇作の叔母、吉薗周蔵の祖母である。
 明治元年の戊辰戦争では三番遊撃体の監軍として戦功を建て、武運が開けた。4年4月、新政府が御親兵を設けて東西に鎮台を置くことになり、薩摩・長州・土佐の三藩の兵を充てた時、薩摩藩士が続々応じるのに混じり、27歳の高島も野津鎮雄、道貫の兄弟らとともに上京した。

 明治4年、御親兵入りを目的に上京した高島は、折から参議・西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允が企てていた宮中改革の要員に挙げられた。
明治元年10月15日、御所が江戸城に移った後もなお旧態依然、女官が取り仕切っていた宮中の改革のため、4年7月20日権大納言・内国事務局の徳人寺実則が宮内省出仕に挙げられ、これを支援するため旧薩摩藩士で京都薩摩藩邸留守居役たった民部大丞吉井友実を宮内大丞に転じて宮中改革の断行に当たらせた。旧薩摩藩士から高島や村田新八が選ばれて7月28日侍従に任ぜられたが、他藩からも島義勇などが選ばれた。
 8月1日吉井大丞は女官を総罷免し、奥向きの決定権はすべて皇后が総覧することにした。

 高島は明治45五年8月、当時を回顧して「初めて天顔に拝したのは明治4年で、宮中の積弊を改革せんとの議が先輩(西郷・大久保)の間に起こり、終に破格の恩命に接し、われわれ野武士が召されることとなったが、この改革において吉井友実伯は一通りならず尽力された」と語っている。大久保は西郷から、日常の御相手が高島鞆之助と村田新八などと聞き、薩摩でも評判の暴れん坊なので、びっくりしたという。
翌5年4月、高島は侍従番長に抜擢され、六月には旧幕臣の山岡鉄太郎も宮中に入って侍従番長となった。これに先立つ5月、吉井大丞は前年の女官総罷免に掛からなかった典侍以下の36名を一掃した。

 徳大寺を宮内卿にして京都御所以来の女官を一掃し、倒幕諸藩から若手を抜擢して天皇側近を固めた名分は、宮中の旧弊改革である。その通りだが、他に目的がなかったか。それは、① 徳大寺による天皇御教育、②女官追放による秘密護持、③ 諸士による天皇護衛ではないかと思うが、論究は明治維新の真相が明らかになる日まで待たねばなるまい。いずれにせよ、天皇の日常の御生活は一変し、午前10時から午後4時まで、女官の立入りを厳禁した表御座所において政務を執られた。御乗馬には高島侍従番長が従い、極めて規則正しく行われたのでメキメキと腕を上げげられた。力試しは毎日のごとく、侍従たちと腕押しをするのを好まれ、終に山岡が諌めたほど血気盛んであられた。侍従の案内で薩摩藩行きつけの品川遊廓に御幸されたとも灰聞する。
     (続)
 

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/122-4b53961b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。