カウンター 読書日記 ●読書日記
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●読書日記

  山本作兵衛 ヤマの記憶 (759x1024)←クリック

  神々の山嶺 (1024x766)←クリック


 北九州の小学校高学年の頃(1960年前後)は、

 安保と三池闘争の時代だった。

 ↑『ヤマの記憶』の画集を見、現場の様子を読んでいると

 三池炭鉱からの転校生の(宇野君といった)寂しげで不安そうな表情を

 思い出す。

 ***********

 飯山著はほとんどブログの再録だが、「紙」のほうが読みやすい。

 表紙の写真の「敬礼」の仕方にも言及されているが、

 最近のニュース映像では変わっていたな。

 ***********

 『神々の山嶺(いただき)』

 これは、今は松葉づえ生活の先輩と久しぶりに話した(TEL)ことが「縁」。  


  


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
拝見いたしました。有り難ぅ存じました。

おそれ要ります、話題は逸れます。

1949年(昭和24年)、旧制九州大学等を包括して
設置された国立九州大学は「電子の研究が盛ん」で
あるともれ窺います。

九州大学の某教授(科学者が特許取得)による発明!
それは、水道管の周囲へ「電子を張る」と
「水道水はアルカリ性になり水道管も恒久的に使用可」
とか~

2004年、高額の工事費で、
この「電子ボックス4個を設置」した拙宅。
確かに「古水道管」は現在も無事、実においしぃ水を
いただいています。

そして
2012年拙宅は、同じような論理による「人工生体
電子医療機」を購入。

おそらくキレート効果アリ、と覚えます。

前述の九州地域は、
「三人に二人」が「人工生体電子医療機使用」と、
「株)ヘルス」の健康指導員は語ります。

原爆投下被災地による「研究の需要」、また、
九州大学の一部の科学者へ「ライフ博士理論」が
わたっていた可能性、も、私は今考えて見る次第です。


【2012/03/03 11:27】 URL | shion #JalddpaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/1051-f17c8bbc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。