カウンター 読書日記 ●「神様の女房」の夫。
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●「神様の女房」の夫。
  
  岩瀬達哉 血族の王 (766x1024)


 ◆『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』 岩瀬達哉 2011.7.15 新潮社

 ★告発された「中曽根政治の楽屋裏」の真相を再診断する。 *92p~ 

 ↑ この座談会から10余年、やっと実証的な幸之助伝が語られる。

 著者は、『われ万死に値す』で竹下登の「血」や彼の周辺の「腐臭」を記した

 岩瀬達哉。


  
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://2006530.blog69.fc2.com/tb.php/1037-c9203477



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。