カウンター 読書日記 2011年09月
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●宮城も他人事ではない 松下政経塾政権
 

 生命知の殿堂

 ↑入手後読み続けている一冊。

 ◆参考 ☛松下政経塾というホモ政治家によるカルト 


 ショックドクトリン (761x1024)

 ↑最近の読書。

 『ショック・ドクトリン』。

 原書も入手した理由は、以下の通りです。
 
 藤永茂氏・ ☛ショック・ドクトリン より引用。

 「・・・1970年カナダ生まれの女性ジャーナリスト、評論家、実践運動家でもあるナオミ・クラインの『ショック・ドクトリン 惨事便乗型資本主義の正体を暴く』(幾島幸子・村上由見子 訳,上巻下巻、岩波書店、2011年9月)が出版されました。多数の人々に読んでもらいたい本です。原著はNaomi Klein, THE SHOCK DOCTRINE : THE RISE OF DISASTER CAPITALISM (2007)で、いま1200円ほどで買えます。(*ペーパーバックで1153円でした。)

 訳書は、第10章「鎖に繋がれた民主主義の誕生─南アフリカの束縛された自由─」を読んだところですが、よく注意の行き届いた訳業のようで、原書を辞書片手に読むより随分と楽です。Disaster Capitarismの訳語を「災害資本主義」から「惨事便乗型資本主義」に変えたあたりにも読者の理解を容易にしようとする工夫が見られます。しかし disaster という言葉をいつも「惨事便乗」と訳すわけにも行きませんから、定着しかけていたと思われる「災害資本主義」という訳語のままでもよかったかも知れません。

 私も以前このブログの記事で第19章「一掃された海辺」の一部(原書)を利用させてもらったことがありますが、今回のリビア侵略戦争の顛末を思うにつけても、アフリカの国々を白人勢力が如何に狡猾に引き回しているかを理解する絶好の読み物として、上掲の第10章「鎖に繋がれた民主主義の誕生─南アフリカの束縛された自由─」をお薦めします。苦心して南アの独立を達成したマンデラ、ムベキ、ズマの第一,第二、第三代の大統領たちがこぞってNATO に支持されたリビア新政権をなかなか承認しようとしない理由が、この第10章を読めば、よく分かります。ナオミ・クラインほど筆鋒鋭く解剖するのではなくとも、サッカーの世界大会で南アに日本のジャーナリズムの目が集まった時、治安状況の悪さばかりが強調されて、ナオミ・クラインの本から得られるような「成る程そう言うことなのか」と納得できるような南アの政治経済状況の解説がなされなかったのは残念です。隣国ジンバブエのムガベ大統領の経済政策の大失敗で超天文学的インフレが発生して困窮層が南アに難民として雪崩れ込んでいることもしきりに報じられましたが、南アについてもジンバブエについても、本当に肝心な白人勢力干渉の問題は殆ど取り上げられませんでした。・・・

 ・・・ナオミ・クラインの『ショック・ドクトリン』の訳書について、一つ、残念なことがあります。原書巻末の謝辞(ACKNOWLEDMENTS) が訳出されていないことです。これを省いた訳者と編集者の判断は十分推察できます。詳しすぎるし、長過ぎる。日本の一般読者に親しみのない名前が多すぎる─といった理由からでしょう。しかし、私見では、この数頁から著者ナオミ・クラインという女性の真性のイメージが見事に浮かび上がってきます。他人の紹介の到底及ぶところではありません。日本人読者にも親しい名前も沢山出て来ます。一つだけ選びましょう。
■ When I read and reread the work of Eduardo Galeano I feel as if everything has been said. (エドウアルド・ガレアーノの著作を読み返す度に、すでにすべてのことが言われてしまっているかのような想いがする。)

 ガレアーノの『ラテンアメリカの切り開かれた血脈』をチャベス大統領がオバマ大統領に歩み寄って手渡した事件を記憶している方々も多いでしょう。」

  藤永 茂 (2011年9月21日)

  



スポンサーサイト

●招からざる客

 彼岸を境にすっかり秋めいてきました。

 そのうえ今日は快晴で気分も爽快!

 この↓ 重~い、武骨な招からざる客人さえ鎮座していなければ・・・


 片づけがやっと一段落したわが隠れ家を、

 待ってました! とばかりに襲い、居座ってしまった。

 FOSTEX・スーパーウーハー CW4 体重38キロ×2=76キロ

 期間は、来年4月まで。

 被災者(後輩)の頼みでは断るわけにもいかない。


 スーパーウーハー


 




●<圏外>はSBのみ!
    
  メンテ台


  ネット環境はなし。

  屋根のアンテナは地震以来壊れたままで、テレビもなし。

  書き忘れていたが、

  たまに携帯でニュースのチェックでもと思えば・・・

  SBが圏外でこれもアウト。

  一方、ドコモ・auはアンテナが消えることはない。

  ************

  ラジオだけの生活は学生時代以来で、

  時間の進み方が違う。


  帰仙後それは痛いほど感じられる。

  



 
  

●日記。
  
  えぼしと山頂を望む (1024x763)

  三連休の中日、予報とは違い朝から蒸し暑い一日だった。

  当分仙台と蔵王の「行ったり来たり」が続くので、

  更新も訪問も不定期になります。

  悪しからず。

  


●とんぼ返り。
  

  所要ができ夕刻帰宅、明日早朝また性懲りもなくアタックへ(笑)。

  ついでに風呂の水回りの補修をやっておこう。

  別荘
  先日の草取り枝払い前

  草取り・枝払い完了 (1024x755)
  今日の作業後、違いわかりますかね・・・?

  タイムアタックに好適 (1024x767)
  3キロほどの距離にあった絶好のタイムトライアルコース。

  

  
  

 

●腐れ外道め!
  
 ●女衒に食い物にされて放り出される。

  ☞ ★加護亜依の彼氏逮捕(1)

  ☞ ★加護亜依の彼氏逮捕(2)

  ☞ ★加護亜依の彼氏逮捕(3) 

 携帯も常用のソフトバンクは「圏外」で(ドコモ・auはOK)、

 NETもなしの環境では

 知ることもなかった

 「哀れ」。

  





●一時帰宅。
  
  松川サイクルロード

  来年の桜は 松川沿い (1024x768)

  晴天のせせらぎ (1024x768)

  早朝のせせらぎ と さんさ亭 (1024x732)

  金・土は好天に恵まれ(むし暑いのには閉口)景色も一変。

  早朝のせせらぎの音と鳥の声が爽快感をプレゼントしてくれる。

  所要で一時帰宅、また出かけます。

   






●定禅寺ジャズフェスはスルー。
 
 ■今年の ☞★第21回定禅寺ストリートジャズフェスティバルは、

 残念ながらスルーして出かけます。

 様子はテレビ観戦・・・と行けるかどうか?

 
  



●併読。
 
 北朝鮮へのエクソダス

 ■『北朝鮮へのエクソダス』 テッサ・モーリス・スズキ 朝日新聞 2007.5.30

 簡単には「読んだ」とは言わせない本。

 お盆明けから読んでいるのだが、まだ読了とはいかない。

 「寄り道」を強いる本でもある。

 越境の時 鈴木道彦

 ■『越境の時』2007.4.22、 『サルトルの文学』 1963.12.20 鈴木道彦

 プルーストの訳業で知られる鈴木道彦氏の新旧二冊。

 竹内芳郎の著作と一括りにしていた紀伊国屋新書を引っ張り出してみれば、

 購入したのは1968.3.31以降だとわかる。

 併読しながら想う。

「(あの時代に)死んであるもの」から、今の自分はどう見えるのか? 


  




●日記。
  
  スポーツバイク教本

  第一章 (768x1024)

  第二章 (768x1024)

  ストレッチポール


  前記の現役スポーツマンの親友(同級)は、帰仙後すぐに練習に向かった。
  
  彼の薦めで早速始めようと購入したストレッチ・ポールが↑で、

  ユーチューブなど参考にしながら始めている。

  「始めるぞ!」とメールすると、

  「がんばって! わたしは今日から八戸で合宿です。」 と返信あり。

  若い学生とつきあうのは、アンチエイジングの最高の良薬かも・・・

  **********

  ↑の『スポーツバイクメカニック教本』は、財団法人自転車産業振興会発行のもの。

  「スポーツバイクメカニック講座」の受講者向けに作られたそうで、

  写真も大きく、良くできた一冊。

  プロショップやこれから目指そうとする人向けだが、

  申し込むと、郵送してくれた。

  主観的には、「当方もプロを目指す」一員なのだから・・・(微笑)。

  ***********

  ■ ☞ ★慎太郎大震災に備える遷都構想の必要性 


  

 


●七回忌。
  登米マップ 全体図

  登米 マップ 写真はクリックしてください。
 

 ●昨日は日帰りで、

 現役スポーツマンの親友(同級)とともに、共通の親友の七回忌へ。

 幸い雨にも遭わず墓参とご実家訪問をすませたが、

 不思議なことに、年を経るごとに「おもいで・かたり」が少なくなっていくことはなく、

 むしろその逆。

 弟(我々の後輩)は某メーカーのCOOで超多忙、「調整がつきません」ということで

 今年は会えなかったが、その分震災復興に全力を傾けてほしい。

 ***********

 午後の訪問だったが、蒸し暑いのも影響したのか庭先の植木からは

 一斉にうるさいほどの蝉の声が・・・「襲来」する。

 「お盆過ぎに急に・・」ということで、枝には抜け殻があちこちに見えた。

   


 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。