カウンター 読書日記 愛犬家連続殺人事件
読書日記
日々の読書記録と雑感
プロフィール

ひろもと

Author:ひろもと

私の率直な読書感想とデータです。
批判大歓迎です!
☞★競馬予想
GⅠを主に予想していますが、
ただ今開店休業中です。
  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●冷たい熱帯魚
 
 ●冷たい熱帯魚という映画が上映中だという。

 『愛犬家連続殺人事件』の映画化らしいが、鑑賞予定の方には、

 ↓の◆「横板に雨垂れ」氏の一連の記事をお薦めします。

 映画「冷たい熱帯魚」と「埼玉愛犬家連続殺人事件」(上)
 
 映画「冷たい熱帯魚」と「埼玉愛犬家連続殺人事件」(下)

  


スポンサーサイト

●続 <刑事>という人種
 ●『愛犬家殺人事件』で、共犯者・山崎の担当を志願して、事件の解決に大きな役割を果たした結城という刑事のイメージは彼のこんな発言で浮かべてもらえるだろう。・・・
 
 岩本検事との取引が進むうちに、検事の所の甘言に乗ってか甘い幻想(無罪釈放もあるのでは?)を漠然とながら抱きはじめる山崎に対して結城刑事はいつもと違う強い調子で言う。

 以下引用(適宜省略)ーp297~298

 ・・・「山崎、あの検事になにを吹き込まれたか知らねえが、お前の刑はあいつ(検事)じゃなくて裁判官が決めるんだよ。それともお前は本気で執行猶予がつくと思っていたのか。関根は死刑でお前は喋ったから不起訴、それで通ると思っていたなら、お前は本物の大馬鹿野郎だ」

 「でも俺が訊いたら、あいつはそう断言したんだよ。全部嘘じゃないか」

 このとき結城は初めて俺を睨みつけた。

 「おい、もういい加減にしとけよ。お前は自分のやったことが本当に分かっているのか。お前は殺しの片棒を担いだんだぞ。それも一件や二件じゃない。四件も死体遺棄をやって、執行猶予なんかつきっこねえんだよ。不起訴だと、笑わせるな。・・
 お前は何かって言うと自分の気持ちばかり言う。ふたこと目には、俺、俺そればっかりじゃねえか。お前の気持ちはよく分かった。じゃあ、関根にお袋を殺された滝口の気持ちはどうなるんだよ。あいつの気持ちはどうでもいいのか。・・・遠藤(関根に殺されたヤクザ)だって人の子だぞ。ヤクザだからって殺されていいのか。・・
 
 ・・殺されていい奴なんか、一人もいないんだよ。人殺しの手伝いをしたら刑務所に行くんだよ。当たり前だろう。そんなこともわからないような奴なら、もういい。俺、俺って死ぬまで言ってろ。」

 そこまで言うと結城は俺にそっぽを向いた。

 「分かったよ。行くよ。もう言わないでくれ。ちゃんとサインもしてくる」

 *****************

 一方、『戦後<翻訳>風雲録』の刑事は匿名で、しかもさりげなく記述されているだけだが、妙に印象に残った。


 舞台は北海道で、「裏金問題」を経験したいまでも、不思議なことだが、その印象は全く変わらない。

 著者・宮田昇の親友で翻訳の名人・詩人・奇人の田中融二が「進行癌」と診断され、治療を拒否、「遺書」を事前に管轄警察署(自殺予定地小樽の)宛に郵送して、その小樽の山中で自死したのである。自分の運転する四輪駆動車に排気ガスを引き込んで。

 酒と女を愛し、翻訳の印税が入るとそのほとんどを酒・女・旅行に費やし、金が無くなるまでつぎの仕事をしなかったような奇人、奇矯な人田中融二が。

 以下、引用(適宜略)

 ・・・5月12日の午後、小樽署の生活安全課を訪ねた私と息子の二人は、手紙が届いていないという係官の返事に、途方にくれた。すでに彼が泊まったホテルで、昨日の夕方近くチェックアウトしていることは確かめてきた。
 10日の彼(融二)からの電話は、次の日の夕方、自死する場所を示した警察宛の手紙を投函し、それを集配車がポストから取り出すのを確かめて、出発するというものであった。それが、なぜか届いていない。

 係官は、今小樽ではなく、北海道のどこかを元気で車を走らせているかもしれないではないか。北海道は林道だらけのところだ。調べようもないと。初めは鼻であしらうような返事。・・・

 ・・・それからいろいろな経緯があったが、自宅で待機していた彼の奥さんと昨日ドイツから帰国したお嬢さんとの電話のやりとりから、事態の緊急性を知ったのか、小樽署はにわかに慌ただしくなり、所轄の警察署からの捜索依頼状を待たずに、係官がパトカーに捜査命令をだした。
 私たちは、ホテルで警察からの連絡を待つようにと言われたので、待機することにした。
 だがその後の小樽署の機敏な行動や、捜査に当たったいかついデカ長の気配りなどは、警察への偏見を一掃してくれるものであった。

 お嬢さんが、昨日の最後の会話で彼から、なにかに通じる峠から林道に踏み込み、小樽市街の夜景が素晴らしいところを選ぶと訊いていたことが、捜索のヒントになった様子であった。長い長い二時間有余であったが、私たちが待っていたホテルに電話がはいって、彼が発見されたことが告げられた。・・・<引用終>

 ********************

 『戦後<翻訳>風雲録』、登場する人間的魅力(?)あふれる翻訳者・詩人・奇人・変人・ドケチ・アルコール依存症・・・

 中桐雅夫・鮎川信夫・福島正実・高橋豊・清水俊二・斉藤正直・宇野利春・亀山龍樹そして、早川清(早川書房)と田村隆一。

 興味津々のエピソード満載の一書で、奥山に登りつめた人でなければ書き留められないこともあるということを教えてくれた。

 墓場まで持っていくものなどないだろうに・・・という教えかもしれない。 

  <完> 



●<刑事>という人種
●前回まで、<検事という人種>について、書いてきたのでというわけではない。

 前回、検事の醜態を書きながら、一方で結城刑事について語る著者山崎に共感を抱く自分に「何故なのか?」という気がしていた。

 今になって、それが何によるのか、やっと思い出したので、今日は刑事という人種について一言。 

 結城刑事と同種の警察官・刑事のことをさりげなく書きとめた著作を読み返しながら記していくことにする。



 本のタイトルはやや時代がかったもので、『戦後<翻訳>風雲録』ー翻訳者が神々だった時代ー(・宮田昇・本の雑誌社2000.3.20刊)という。 

 戦後翻訳の対象が時代の風の中、戦前のフランスものからアメリカものにシフトしてゆき、翻訳者も研究者や大学教員からプロの手に移り、多くは「文学青年や詩人たちの生活の糧」としておこなわれた、そんな時代の貴重な回想録で、著名・無名の詩人たちの生活ぶりがあますところなく活写されて、面白い!

 ・・・と、ここまで書いてきたところで、<警察官がタクシー運転手へ暴行!>とのニュースを耳に(目にも)した。

 **巡査部長が暴行、タクシー運転手入院…福島署逮捕せず
             1月13日3時9分配信 読売新聞

 福島県警高速道路交通警察隊の男性巡査部長(58)が11日、福島市で乗車したタクシーの男性運転手(46)と口論となり、後頭部を路面にたたきつけるなどの暴行を加えていたことが12日、わかった。

 福島署は巡査部長から任意で事情聴取したが、「証拠隠滅や逃走の恐れがない」などとして逮捕せず、公表もしていない。

 県警などによると、巡査部長は11日夜、市内で飲酒後、自宅に帰るため、タクシーに乗ったが、行き先の指示がはっきりせず、運転手と口論になった。午後11時50分ごろ、運転手に降りるように言われて、料金を払おうとしたが、運転手は受け取らず、巡査部長は腹を立てて顔を数回殴打。車外に引きずり出し、馬乗りになって後頭部を路面に数回たたきつけるなどした。**

 奇縁なことだが、一休みして、続けよう。 


 


●検事という人種<完結>
  *稀代の殺人鬼・関根元も、徐々に追い詰められていく。必要なのは、物証だけになっている。

 共犯の山崎もピタリとマークされてはいるが、警察は動こうとはしなかった。しかし、11月初めの早朝、4人の刑事が突然、令状ナシで乗り込んできた。山崎は訳もわからないうちに、車に押し込められ、捜査本部のある、行田署に連行された。

 50歳前くらいの刑事(県警捜査一課の結城刑事)があらわれて、「荒木が全部喋ったぞ。とにかく、俺たちは荒木からすっかり話しを聞いて、お前がこの事件のことを知っているということをよく知っているんだよ}と言う。関根の旧友で共犯者の荒木が「警察の犬になっていた」のだ。任意の取調べとはいえコッテリと絞られた山崎は一旦各地に逃亡するが、治療中の歯の具合が芳しくなく、逃亡にも嫌気がさして、結局は東京に戻ってくる。

 逃亡をあきらめて、行田署にいる結城刑事に電話をいれる。
 山崎は消されたとばかり思っていた結城刑事は「とにかく会おう。お前の条件は全部飲む。約束する」
 「俺は何が何でも関根を挙げたい。だから志願してお前の担当になったんだ。宮崎のとき(この刑事はアノ事件も手がけた切れ者だという)も興奮したが、この事件は俺の刑事人生で最大、いや、戦後最大のヤマだ」
 「何だ、出世のためか」
 「馬鹿いうな。関根をこのまま野放しにして置いてみろ。奴はきっとまたヤル。俺たちは十年前にも関根を引っ張っているが、証拠を掴めなかった。もし、今回駄目なら、山崎、次はお前の(殺される)番だぞ」
 「今度は、脅しか」
 「脅しだと思うか。関根のことはお前が一番よく知っているはずだ。・・・」

 こうして、山崎は警察に協力することになる。

 山崎と結城刑事は妙に馬が合ったというのか、取調べは順調に進む。 「その後、俺と結城は旧知のような間柄になり、彼は快調にペンを走らせた」と言うほどに・・・

 そして、担当検事として、浦和地検熊谷支部の岩本明という検事を、紹介される。
 年のころは40過ぎ、180センチを超す長身で、美形。左手には結婚指輪なんかしている。(たしか、佐高信だったな、指輪をしている男は信用できないと書いていたのは)結城刑事とはまったく違ったタイプだ。
 
 「僕は・・・」という岩本の話しぶりが、そもそもなじめないのだ、山崎には。先行きもこの時点で見えてくるようだ。

 山崎と岩本の「取引」じみた<取調べ>はこうして始まっていく。

 とにかく、どういうわけかこの岩本検事は、余計なことを喋りすぎるのである。

 「関根の逮捕が早まったおかげで証拠を固めきれなかったよ」岩本は笑いながら言う。

 「どうして予定が早まったんですか」

 「県警本部長の移動が決まってね。二月に離任するらしい。その手土産作りのために県警が逮捕を急いだんだ」

 「それは本当ですか」

 「そう聞いている」・・・

 これでは、結城刑事でなくとも怒り爆発だろう。反則だ。
 結城は腹の虫がおさまらず・・

 「あの野郎、碌なことをいわねえな。自分だって東京地検に栄転が決まったくせしてよ」

 「何だと、それは本当か」(山崎)

 「ああ、しかも特捜部だ。熊谷の支部地検から一挙に東京地検特捜部に大栄転だ。法務省も何を考えてんだろうな。岩本なんかちょうどいい時にたまたま熊谷にいたってだけなのによ」
 
 こんどは、山崎の怒りが爆発する番だ。

 「俺は奴らの出世の踏み台だったのか」と愕然とする。

 岩本検事は、その後も平気で出来もしない約束を口にして、山崎はそのたびに<ぬか喜び>と<落胆>の繰り返しになる。

 とうとう、山崎は腹をくくり、岩本検事を完全に無視することにする。

 結城刑事も最初のうちこそ慰撫・説得につとめたが、あまりのひどさに間もなくそれも諦めてしまう。
 
 山崎の協力拒否に動転した岩本検事は、「女でも抱かせろよ」という山崎の要求にさえ、従うことになる。

 もう、こうなると、「漫才」か「冗談」の世界だ。

  結末は、こうである。*P300から<引用始>


  「頼む気持ちがあるんなら、そこに土下座でもしてみろよ」

 岩本に迷いはなかった。机の横に歩み出るや、奴は床に額を擦り付けて土下座した。

 「お願いします。返してください」(山崎が書き終わった調書を奪い、破ろうとしたのに対しての岩本の言)

 俺の怒りはまだ納まらない。

 「川崎事件の調書をよこせ。鴻巣署に持って帰ってよく読んでみる」
 「この時、紐持ちの警察官のため息が聞こえた。・・・略・・・

 ・・何のためだよ、岩本。お前はなんで嘘をついたり、土下座したりするんだよ。誠意を見せるためか。そうじゃないだろう。東京地検に行きたいからだろう。・・略・・

 「裁判の時もよろしく頼みます」

 検事部屋を出る時、岩本はそうも言った。


      <完>



●(続)検事という人種
●『愛犬家連続殺人事件』 志麻永幸 角川文庫 1999.9.25刊
  (原著 『共犯者』 山崎永幸 新潮社 1998.6刊) 


  *余談になるが、著者名が山崎から志麻に変わっているのは、養子縁組のためという。しかし、原著の出版後一年後の文庫化、出版社も変わって(新潮社で文庫化というのならまだしも)というのも、何だか??だが・・・ 

 1995年1月5日 埼玉県熊谷市のペットショップ・「アフリカケンネル」の経営者、関根元と内縁関係の(元妻で、内縁関係は偽装で、実質夫婦)風間博子は、死体遺棄の疑いで逮捕された。ただし、物証は全くなく、頼りは、関根の同業者で仕事の手伝いをしていた、本著の著者・志麻(山崎)永幸の自供だけであった。
 阪神・淡路大震災の勃発、12日前のことである。

 主犯・関根の犯行の記録も、驚くべきもの(殺人の動機、遺体の完璧な処分・人肉食(人肉食の「先輩」佐川君も昨秋『業火』を出版した)・死姦等々)だが、ここは、著者・山崎(被疑者)と検事、刑事との、きわめて興味深い、「司法取引」と言う<交流>の様子を、見ていこうと思う。

 **************

  「・・・1196番、山崎永幸。満期出所」という刑務官の声に送られて、98年8月28日、著者は満期3年の実刑を終えて、栃木の黒羽刑務所を出所する。
 
 長距離トラックの運転手・小さなスナックの経営者という平凡な職歴の「気の小さな、臆病者」である(あった)著者・志麻永幸(犯行時:山崎永幸)=今後は<山崎>とする=が、「事件」に巻き込まれていく過程もどこにでもあり得ることが、きっかけとなる。

 長男が、保育園に通うようになってから、喘息の発作がひどくなり、養生のために、群馬県・片品村に引越し、順調に暮らし始めたが、都会生まれの妻には、田舎暮らしは苦痛だったらしく、夫婦間もギスギスしてくる。それを、少しでも解消しようと、沼田市のショッピングセンターで、ふと手にした愛犬家向けの雑誌『愛犬の友』に載っていた群馬のペットショップに出かけて、<雌>のブルドッグを購入した。子供たちにも良くなつき、すぐに「一匹だけじゃ、可哀相だよ」というほどで、まもなく<雄>のブルドッグを購入する。

 やがて、ペットショップの店主に勧められるままに、「繁殖」を始め、バブルの真っ最中・浮かれ気分の世情に乗って、「面白いように」しかも「不思議なことに、値段の高い犬ほど、すぐ買い手が付」いて、山崎は「すぐにベンツを乗り回す身分になった」。勤めていた鉄工所もやめて・・・しかし、妻(葉子)だけは、まるきり犬に興味を示さず、夫婦関係は冷め切ったまま、離婚となり子供たち(長男と次男)を連れて東京に戻る。一人きりになり、一方「商売」のほうはますます繁盛した。・・・

 「雌犬は年に二回お産をしますが、一回のお産で5~6匹子供を生みます。大変だろうから何匹かは私がひきとってあげましょう。・・
 ブームというのは、必ず過ぎます。その点ブルドッグは過去30年間、ブームになったこともなければ、すたれたこともない。何しろ、ソースのブルドッグになっているくらいだ。そんな犬が他にいますか。売値も20万から30万の間で安定している。やるなら、絶対にブルドッグがいい。片品なら場所も絶好だ。」

 ・・・田舎にあるのに、繁盛している、このペットショップの親切な、説得力のある経営者が、<稀代の殺人鬼>関根元だった。

 内容は、以下の目次からでも、推測できるだろう。


 1. そう、俺があの山崎だ。
 
 2. サイコロステーキみたいに 細かくカットされた
   ピンク色の人肉は、まるで桜の花が散るみたいに
   川面に吸い込まれていった
 
 3. あいつ、いい死に顔だったよな。
   考えてみれば奴も一番いい時期に死んだってわけだ

 4. あの異様な匂いが鼻をついたとき、
   俺は生涯で最悪のものを目にした。

 5. 元(関根)はガキのころから、ホラばかり吹いていた。
   だから、俺たちはあいつのことをホラ元と呼んでいたんだ。

 6. 大久保清は死体を全部残している。
   あんな馬鹿、死刑になって当然だ。(*ベレー帽でmazda・コスモを操る彼も
   群馬・前橋でしたね・・)

 7. 気をつけろ、
   床下からマルチーズの死体が出てきたぞ。

 8. 「僕にできることなら何でもする」
    そういって、検事は俺の前で土下座した。

 9. 関根と関わりがあった埼玉と群馬の行方不明者は
   たぶん全員が消されている。 


 以下 <8.「僕にできることなら何でもする」
     そういって、検事は俺の前で土下座した。>から引用を始めよう。 
 

 (続)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。